Loading...
×

【マストバイ5選】「Uniqlo and Mame Kurogouchi」2022年秋冬、プレスの推しアイテムは?

04.「3Dスフレヤーンリブビスチェ」

Uniqlo and Mame Kurogouchi ユニクロ マメ クロゴウチ
3Dスフレヤーンリブビスチェ(スムース)¥2,990[一部店舗商品]

3Dニットの着心地の良さをより引き出す、柔らかさと伸縮性のある素材を使用したニットビスチェ。高い伸縮性のある素材と繊細なリブ編みで、体によりフィット。サイドのリブの目立てを脇部分に流れるように斜めに設計し、体が細く見えるようなデザインに。全3色展開。

「柔らかさと伸縮性がある素材を使用したニットビスチェ。シーム(縫い目)がないため、心地よく身体にフィットします。おしゃれアイテムでありながら、冬の防寒用腹巻きとしても活用できる。女性の身体を暖めたい、という思いから作られたアイテムです」

05.レッグウェア

薄手ながら暖かい、リブタイプの「ヒートテック」を使った「ヒートテックソックス」。カラーの異なる2足組で、全3種展開。ニットながら、少しだけ透け感のある素材感でフェミニンな印象の「ヒートテックタイツ」は、「ヒートテック」の暖かさはそのままに、可能な限り薄手にしたニット素材で仕立てたもの。脚部分はシアーでファッション性を重視し、おなかまわりは生地を厚くして保温性を重視したすぐれもの。全4色展開。

「初のレッグウェアも見逃せません。Mame Kurogouchiデザイナーの黒河内真衣子さんもずっと作りたかったという靴下とタイツ。今シーズンも新たな創造とミリ単位のアップデートを行い、繊細な心と身体の変化に寄り添いながら、日常をより鮮やかに彩るアイテムがそろいました。紹介の5選以外のアイテムも、ぜひチェックしてみてくださいね」

Uniqlo and Mame Kurogouchi ユニクロ マメ クロゴウチ

今季も完売必至の予感。気になるアイテムを見つけたら、即ゲットが正解。アイテムにより発売日が異なるので、詳細はUniqlo and Mame Kurogouchiのスペシャルサイトおよびユニクロ公式サイト、公式オンラインストアを要確認。

text: Ryoko Suzuki

【関連記事】FOCUS ON TOKYO BRAND vol.1 ボニーウーブン

【関連記事】新しいバランスをシンプルなスタイリングで魅せる「ボッテガ・ヴェネタ」【2023年春夏ミラノコレクション】

【関連記事】【人気スタイリストの it item】vol.1 永岡美夏さん

関連情報

Recommended

Pick Up

リンクを
コピーしました