Loading...
×

Fashion

FOCUS ON TOKYO BRAND vol.1 ボニーウーブン

数あるファッションブランドの中から、コンセプトのあるもの作りを手がけている東京ブランドをフォーカス。デザイナーやディレクターにブランドのバックストーリーを伺いつつ、その魅力をひもとく連載第1回は、2022年秋冬にデビューした大人のためのデニムブランド「BONNY WOVEN(ボニーウーブン)」に焦点をあてる。

大人の女性のニーズを満たす、こだわりデニムが誕生

ディレクションを手がけるのは長らくバイヤー・MD として活躍、ヴィンテージをメインに展開する「メゾンナンバーエイト」の ディレクター松本香織氏と、大手アパレル、出版社を経て独立したフリーランス PR &セールスコーディネーター藤林美紀氏の2人。さらに原宿の老舗ヴィンテージショップ「ベルベルジン」の藤原裕氏をアドバイザーとして迎え、ヴィンテージデニムマニアらしいこだわり満載の新しいデニムが誕生した。

ヴィンテージデニムに魅せられた2人がこだわったのは、素材、加工、シルエット。特殊加工の生地とヴィンテージデニムアドバイザーの藤原裕氏が作り上げた素材を使用。一流メゾンを手がける加工場で、古着の表情を持ちながら土臭くならない「今」の表情を持つ加工を追求した。

さらに日本人女性の体型をきれいに見せてくれるシルエットを追求。数々のヴィンテージデニムを研究し、シルエット、ポケットの位置や角度、サイズ感など、すべてのディテールにおいて納得のいくデザインを作り上げたという。

「大のデニム好きで、ヴィンテージからメゾンブランドまで、数々のデニムを愛用してきたのですが、40歳を過ぎた頃からか、体形の変化を感じるようになり、自信を持ってはきこなせなくなってしまいました。まわりにも同様の悩みを持つ女性が多く、日本人女性の体形に合わせたシルエットで、ヴィンテージライクなデニムを作りたい。と思うようになりました」(藤林さん)

「『メゾンナンバーエイト』では古着のデニムの買い付けやリメイクを手がけてきましたが、サイズや丈、色など、お客様にちょうどいいものを供給する難しさを感じていました。お客様と接するなかで、私自身が好んではいているデニムを求める声が多く、『好みや体型に合うデニムが見つからない』という悩みを抱えている方が多いことに気づいたんです。大人の女性のためのデニムを作りたいと話している中で、デニムマニア寄りの私の視点と藤林さんのモードな視点がひとつになれば、いいものができるんじゃないかという予感がありました」(松本さん)

ボニーウーブンブーツカットデニム

藤林さんは元々、松本さんが手がける「メゾンナンバーエイト」の大ファン。デニム好きという共通点や仕事を介して親しくなった2人の熱量は高く、ブランドローンチまでは、ひたすら理想のデニムを研究する日々が続いた。

「ポケット位置などちょっとした修正で、驚くほど印象が変化するのがデニムの面白さ。ヴィンテージデニムはそれぞれ異なる顔を持っているのですが、ヴィンテージのように“デニムの顔”を大切にしたい。顔を左右する素材選び、デザイン、縫製、加工まで、すべての過程を国内で手がけ、こだわりを形にしてきました」(松本さん)

大人の女性に寄り添う、究極のベーシックデニム

ボニーウーブンストレート
やわからな風合いで肌にしっくりなじむワンウォッシュのオリジナルストレート。Origin Straight ¥25,300
股上を深く、ハイウエストに仕立てた日本人女性のためのテーパードデニム。90’S Tapered ¥26,400
カジュアルすぎるデニムが苦手な人にも最適なスラックスタイプ。ステッチもネイビーで端正な表情に。Monsieur PT ¥24,200
Tバック、小ぶりのボタンや襟などにヴィンテージのディテールを落とし込んだ、藤原裕氏監修のデニムジャケット。T Back 2PKT Denim JK  ¥37,400

岡山・福山で作られるジャパンメイドに誇りを

独自の価値観で選んだ生地とシルエットのデニムは、海外メゾンも取り扱う岡山・福山の最高峰の機場・縫製工場・加工場で丁寧に作り上げられている。

「世界中のアパレルが注目している岡山・福山の工場で、一流ブランドからの仕事が集中している中、『ボニーウーブン』を手がけてくださる職人さんには本当に感謝しています。何度も工場を訪れ、私たちを信頼して仕事を受けてくださっているので、彼らにもやってよかったと言ってもらえる日がくるように、自信と誇りを持ってジャパンメイドのデニムを発信していきたい」(松本さん)

「コロナ禍にブランドを立ち上げたため、日本を元気にしたいという思いもあり、メイド・イン・ジャパンにこだわりました。すべての過程を国内で、顔の見える相手と一緒にもの作りができることはうれしいこと。ようやくデビューシーズンを迎えた今、自分たちが手がけたデニムを、その人らしくはきこなしているのを見るのが、何よりうれしい。長く愛用していただき、マイヴィンテージとして育てていただけたら」(藤林さん)

関連情報

Recommended

Pick Up

リンクを
コピーしました