Loading...
×

京都のパティシエが作る 外はキュート中はトロ~リの芸術的ケーキ【町家宿おかみの、たびする京都くらす京都。】

みずみずしいライムを切ってみると

ミャーゴラさんの定番ケーキは、シトロンヴェール。みずみずしいライムそのものに見えますが、実はこれケーキなんです。「僕、写実的でリアルなものを作るのが得意なんですよね」とおっしゃるのはオーナーパティシエの奥山智浩(おくやまともひろ)さん。

本物のライムと見まごうばかりの「シトロンヴェール」(¥750)

こだわりはもちろん外見だけではありません。見えない部分もライムそのもの。ホワイトチョコレートで再現された外皮を割ると、ホワイトガナッシュでできたフワフワの内皮のなかに角切りされた果肉と皮のすっぱいライムソースがたっぷり入っていて、とろーりあふれてくるのです。今回は上品にフォークとナイフでいただきましたが、本来であれば手に持ってがぶりといきたい一品です。

「フルーツって旬がありますけど、このケーキでは、その時に美味しいレモンやライムを取り寄せて作っています。国産の時もあるし、外国産の時もあります。だから、季節によって味がちょっとずつ違ったりしますよ。それもまた、季節の楽しみ方なんじゃないかなと思っています」

お味ですか? 想像してみてください、がぶりとライムにかじりついた瞬間を。口の中が、じわーっとしてきません?

パティスリーミャーゴラの外観。フランスの国旗が目印

撮影&構成:下岡広志郎

【関連記事】パン激戦区の京都で注目。織物の町・西陣の人気ベーカリー。決め手は大豆酵母
【関連記事】白露・「今宵堂」の酒器で菊酒を楽しむ

【patisserie_Miagola(パティスリーミャーゴラ)】 住所:京都市北区紫野上門前町105-2 営業時間:11:00〜17:00 定休日:日曜日・月曜日 https://www.instagram.com/patisserie_miagola/

Profile

下岡莉香

しもおかりか 大阪府出身。奈良女子大学卒業後、繊維商社で生地輸出を担当。より活躍できる場を求めて退社後、夫婦で1年5ヵ月44ヵ国世界一周の旅へ。日本文化の奥深さに目覚め、町家一棟貸しの宿kariganeを開業。一児の母。 karigane公式HP:https://rokushou.net/karigane/ Instagram:https://www.instagram.com/karigane.kyoto/?hl=ja

Recommended

Pick Up

リンクを
コピーしました