Loading...
×

Feature

©︎Karwai Tang/Getty Images

ジョージ王子が初のウィンブルドン観戦。実はあの名選手のコーチを受けたことがあった!

ウィリアム王子とキャサリン妃に連れられ、ネイビーのスーツ姿でロイヤルボックスに現れたジョージ王子。テニスの練習にかなり本格的に取り組んでいると噂されるジョージ王子は、初のウィンブルドン観戦で、好奇心あふれる豊かな表情を披露した。

ロイヤルボックスには子供は入れない⁈

テニスのウィンブルドン選手権で、ウィリアム王子とキャサリン妃はもはや常連。ここの所、毎年、夫妻で連れ立ってロイヤルボックスで試合を観戦している。そして今年の夏は、新たに長男のジョージ王子が仲間入り。7月10日(日)、家族3人で、男子シングルスの決勝戦、ノバク・ジョコビッチ選手とニック・キリオス選手の試合を観戦した。

この投稿をInstagramで見る

Duke and Duchess of Cambridge(@dukeandduchessofcambridge)がシェアした投稿

今月22日で9歳になるジョージ王子はテニスが大好きで今回、特別な計らいで両親と共にロイヤルボックスでの観戦が実現したのだそう。実は、このロイヤルボックス、通常では子供は座ることのできない場所。もっとも、そこは将来、国王になるであろうジョージ王子は特別で、「王室の子供だけは例外」として許可されたようだ。

初めてウィンブルドンの決勝戦を観戦したジョージ王子は、興奮も冷めやらず、さまざまな表情を披露し、ロイヤルファンを虜に。その豊かな感情表現は、弟のルイ王子を凌ぐ勢いだ。長く続くプレイの合間に少し眠気が襲った時間帯には、父親のウィリアム王子に寄りかかるシーンも。カメラの向こうには世界中のロイヤルウォッチャーたちがいることを実感するのはまだ先か。

【関連記事】キャサリン妃が凍りついた⁈ウィリアム王子が大興奮のウィンブルドンで放ったまさかの禁句とは

試合を見つめるジョージ王子のユニークな表情も話題に! ©︎Tang/Getty Images

ジョージ王子がテニスの手ほどきを受けた名選手とは?

子供の頃から、テニスが大好きで、「幼い頃は人生の多くをテニスが占めていた」と話したキャサリン妃。その影響を受けてか、ジョージ王子もテニスに夢中で、かなりの腕前とも言われている。

そんなジョージ王子はかつて、あのテニス界のレジェンド、ロジャー・フェデラーに手ほどきを受けたことがある。キャサリン妃が自身のテニス仲間に明かした話によると、数年前、バークシャー、バックルベリーにあるキャサリン妃の実家のミドルトン家でフェデラーと会ったとか。さらに実家の庭で、20回のグランドスラム・チャンピオンのフェデラーが直接、ジョージ王子にテニスを教えたそう。

この投稿をInstagramで見る

Roger Federer(@rogerfederer)がシェアした投稿

「この年齢ではボールに触れることがすべてなんだ。僕の息子たちも同じだよ」とフェデラーからアドバイスを受けたジョージ王子。今、王子の一番好きなテニスプレイヤーはもちろん、ロジャー・フェデラーだ。将来、ウィンブルドンのコートでジョージ王子がプレイする姿が見られるかもしれない⁈

【関連記事】キャサリン妃がついに写真家デビュー⁈ 雑誌の表紙でカミラ夫人を撮影

【関連記事】ジョコビッチを支える美しすぎる妻、エレナ・ジョコビッチとは?

関連情報

Recommend

Pick Up

リンクを
コピーしました