Loading...
×

Feature

©️Karwai Tang/Getty Images

キャサリン妃が凍りついた⁈ウィリアム王子が大興奮のウィンブルドンで放ったまさかの禁句とは

今年もテニスのウィンブルドン選手権を観戦したウィリアム王子とキャサリン妃。サプライズで登場した男子準々決勝のゲームでは、ウィリアム王子が興奮のあまり、あの禁句ワードを口にしてしまったとか。

キャサリン妃の夏のスタイルは水玉が主役

現在、開催中のイギリスの夏の風物詩、テニスのウィンブルドン選手権にサプライズで登場したウィリアム王子とキャサリン妃。2人は、現地時間7月5日に行われた男子シングルス準々決勝をセンターコートのロイヤルボックスから観戦した。

この日は、爽やかなブルーの水玉ドレス姿で現れたキャサリン妃。先日のロイヤル・アスコットでのお目見えのときもキャサリン妃は水玉のドレスを着用しており、今回もその時と同じキャサリン妃のお気に入りブランド「アレッサンドラ・リッチ」のものだ。アクセサリーは、清楚なパールのイヤリングに彼女が大切にしているダイアナ元妃から受け継いだサファイヤの婚約指輪をチョイス。さらに夏の外出の必需品、サングラスは「フィンレイ&コー」のべっ甲風フレームのものを。そして、このクリーンな装いの仕上げには「マルベリー」の真っ白のバッグ「スモール アンバリー」をコーディネートした。ちなみにこのミニサイズのバッグは、昨年のウィンブルドン観戦の際にも水玉のスカートとコーディネートして使っていたもの。季節や訪れる場所に合わせて、ワードローブをしっかり管理しているキャサリン妃らしいセレクトと言えそうだ。

【関連記事】英国王室メンバーで最も学力が高いのは誰?

【関連記事】キャサリン妃、ロイヤルアスコットでの水玉ドレス姿がダイアナ元妃にそっくり!

©️Neil Mockford/Getty Images

興奮のあまり、うっかり禁句を口にしてしまい⁈  

さらにこの日の試合観戦では、ちょっとしたハプニングも。男子シングルス準々決勝で、イギリスのキャメロン・ノリー選手とベルギーのダビド・ゴフィン選手の白熱したラリーを観戦していたウィリアム王子がうっかり「ロイヤルメンバーに有るまじき禁句」を口にしてしまったとか。試合中継の中で、カメラに映っていることに気づいてない様子のウィリアム王子は緊迫する試合の中で「oh no, no, not…F…」と興奮のあまりFワードが口から出そうな瞬間の姿が放送されてしまったのだ。

この映像に反応した人々がすぐさまSNSでウィリアム王子の口を突いて出た言葉の推測を開始。「王子がFワードを使うことはないだろう」とある王室ファンはツイッターに書き込み、他のFから始まる単語を提案する人も。もっとも、ほとんどの人がウィリアム王子の口から禁句のあの言葉が飛び出したと確信していて、「彼が普通の人間だということ。間違いなく庶民の味方だ!」という呟きにたくさんの共感の声が上がった。

この投稿をInstagramで見る

Duke and Duchess of Cambridge(@dukeandduchessofcambridge)がシェアした投稿

【関連記事】キャサリン妃、アレキサンダー・マックイーンの真っ白なスーツ姿で公務へ!

関連情報

Recommend

Pick Up

リンクを
コピーしました