×

Fashion

©YURIKO TAKAGI

東京都現代美術館にて「クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ」展を開催

「ディオール」と日本の絆をたたえる「クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ」展が、12月21日(水)から2023年5月28日(日)まで、東京都現代美術館にて開催。初公開となるアーカイブ資料や、国際的な日本人建築家による空間演出にも注目。

フランスのパリ装飾芸術美術館から、イギリス・ロンドンのヴィクトリア&アルバート美術館、アメリカ・ニューヨークのブルックリン美術館なと、各国で開催された本展覧会が、ついに日本上陸。

空間演出を手掛けたのは、国際的な建築設計事務所「OMA」のパートナーである重松象平氏。日本文化へのオマージュとして新たな空間をデザインし、フロランス・ミュラー氏がキュレーションを務めた。公開されるのは、創設者のクリスチャン・ディオールが影響を受けた芸術、彼の庭園に対する愛、ディオールのコレクションに影響を与えた日本の豊かな創造性など、75年を超える情熱にスポットを当てた初公開を含むアーカイブ資料だ。

©YURIKO TAKAGI

また、「ニュールック」の永遠の象徴である「バー」スーツをはじめ、過去から現在までのアクセサリーやオートクチュールモデルから、クリスチャン・ディオール、イヴ・サンローラン、マルク・ボアン、ジャンフランコ・フェレといった、歴代のクリエイティブディレクターたちが考案した作品の紹介も。

さらに、東京都現代美術館が所蔵する作品や、日本人写真家・高木由利子氏が本展覧会のカタログやポスターのために撮り下ろした写真、「ディオール レディ アート」や「レディ ディオール アズ シーン バイ」などで再解釈されたバッグ「レディ ディオール」、フレグランスの「ミス ディオール」や「ジャドール」など、その歴史と絶え間ない創意工夫のたまものである斬新なアイコンも展示される。

日本との絆をたたえる本展覧会は、メゾンをより身近に感じられるはず。初公開の情報に触れられる貴重な機会を見逃さないで。

text: Tomoe Tamura

【関連記事】「ディオール」が、「ハロッズ」との親交70年を記念したクリスマスイベントを開催中
【関連記事】【DIZのCINEMALIKE LIFE】vol.1 クリスチャン・ディオールの美に酔いしれる、パリが舞台の映画3選

関連情報
  • 「クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ」展
    会期:2022年12月21日(水)〜2023年5月28日(日)
    休館日:月曜日 および、12月28日(水)〜1月1日(日)、1月10日(火)※1月2日(月)、1月9日(月)は開館。
    開館時間:10:00〜18:00(展示室入場は閉館の30分前まで)
    会場:東京都現代美術館 企画展示室1階/地下2階
    観覧料:一般 2,000 円 / 大学生・専門学校生・65 歳以上 1,300円 /中高生以下無料
    ※本展覧会はクリスチャン ディオール クチュールの特別協力により、中高生以下無料です。
    ※本展チケットで「MOTコレクション」もご覧いただけます。
    ※予約優先チケットはetixにて12月中旬より販売予定。https://e-tix.jp/mot/
    特設ページ:https://bit.ly/3V8GZMI

Recommended

Pick Up

リンクを
コピーしました