Loading...
×

Culture

ryuchell(りゅうちぇる)さん(左)と車いすダンサー・かんばらけんたさん

ryuchellがパラリンピックでも注目された車いすダンサーと語る「自分らしさを貫く生き方」

8月に「新しい形の家族」を発表し、再出発したryuchell(りゅうちぇる)。今、アンバサダーとして応援に力を入れているのが、障害、性別、国籍、言語、世代などさまざまなバックグラウンドをもつアーティストやパフォーマーたちが登場する日本財団主催の「TRUE COLORS FESTIVAL(トゥルー・カラーズ・フェスティバル)-超ダイバーシティ芸術祭-」だ。

日本で2019年に始まった「TRUE COLORS FESTIVAL」の集大成となるのが、11月19日、20日に有明・東京ガーデンシアターで行われる「THE CONCERT 2022」。ryuchellが、このイベントに車いすダンサーとして出演する、かんばらけんたと見どころを紹介するとともに、自分らしくポジティブに生きるためのヒントを語った。

ryuchellも知らなかった 車いす利用者のおしゃれポイント

──ryuchellさんのネイルがきれいで、その手を目で追ってしまっています。きょうのお二人のファッションのポイントを教えてください。

ryuchell:ありがとうございます。僕はきょう、後ろに「I love you」って書いてある服を着ていて。これがきょうの一番のこだわりポイントです(笑)。

かんばらけんた(以下、かんばら):何を着るかは、妻に相談しました。こだわりを一つあげるとすると、靴ですね。古着屋で安く買いました。皆さんは歩くので、靴底が減りますよね。でも私は車いすに乗って移動するので、靴底が減らないんです。裏にデザインを入れています。

ryuchell:(かんばらさんの靴を見て)かわいい!

かんばら脚が曲がっているんで、車いすに乗っていると靴の裏がちょっと見えるんです。

ryuchell:どのくらい使われているんですか?

かんばら:もう、10年くらいかなあ。

ryuchell:いいですね。どんどん靴がかんばらさんの形になっていって。

かんばら:靴底が減らないっていうのは、車いすだからこそ、のおしゃれかなって思っています。

かんばらさんの靴
かんばらさんの靴

半年後にはパラリンピックに出演 ダンスを始めた意外なきっかけ

──東京2020パラリンピック開会式でかんばらさんのダンスを見て、目線やその動きに引き込まれました。いつ頃からダンスを始めたのでしょうか。

かんばら:今から6年ほど前。29歳のときです。パフォーマンス専用の車いすができて、そのパフォーマーをSNSで募集していたんです。最初はダンスをしたいというよりは、「この車いすに乗ってみたい!」と応募しました。ダンスは未経験だったので踊れるかはわかりませんでしたが、「ここまで動いてみてください」と言われた位置に移動するくらいならできるかなと考えまして。

実際に乗ってみたら、すごくおもしろい。単に乗ることができておもしろいというわけではなく、自分の体の特徴を生かせるのが、ダンスとかパフォーマンスだなあと気が付いたんです。そこから一気にのめり込みました。

車いすダンサー・かんばらけんた
パフォーマンスするかんばらさん

【関連記事】キャサリン妃から届いたXmasコンサートの招待状が話題。故英女王が溺愛したあの姿が描かれる

関連情報
  • 日本財団主催「TRUE COLORS FESTIVAL-超ダイバーシティ芸術祭-」詳細はこちらから。


Profile

ryuchell(りゅうちぇる) タレント・株式会社比嘉企画代表取締役。1995年生まれ、沖縄県出身。個性的なファッションと強烈なキャラクターで注目を集め、パートナーのpecoと多数のバラエティー番組に出演。1児の父となった現在は育児やSDGs・報道番組への出演など活動の幅を広げ、2020年よりNHK「高校講座・家庭総合」のMCを務める。自身のSNSでの”自己肯定感”に関する発信がたびたび話題となり、2021年に初の著書となる「こんな世の中で生きていくしかないなら」を出版。現在は女性誌等で4本の連載を持つ。


かんばらけんた フリーの車いすダンサー、サーカスパフォーマーとして活動。車いすの上での逆立ちや空中芸など、上半身を最大限に生かした技が特徴。先天性の二分脊椎症という障害をもって生まれる。テレビCM出演や学校講演も行っている。リオデジャネイロ2016パラリンピック閉会式、東京2020パラリンピック開会式、NHK紅白歌合戦「マツケンサンバII」に出演。

Recommended

Pick Up

リンクを
コピーしました