Loading...
×

あわや失神!?トム・クルーズ36年ぶり「トップガン」続編の飛行シーンが胸熱

ハリウッドを代表するスターであり、プロデューサーとしても数々の話題作を手掛けてきたトム・クルーズ。彼を一躍、トップスターの座に押し上げたのが、トニー・スコット監督の『トップガン』(1986年)だった。なんと36年の時を経て、その続編『トップガン マーヴェリック』が製作され、全国公開されている。主役のピート・“マーヴェリック”・ミッチェル(マーヴェリックは、海軍内で呼び合うためのコールサイン)を演じるのはもちろん、クルーズ自身だ。

 

ⓒ2021 Paramount Pictures Corperation.All rights reserved.

若き米海軍バイロットの葛藤と友情

「トップガン」とは、米海軍のエリート・パイロットを集めた航空戦訓練学校のことだ。36年前の前作でトップガンに配属されたマーヴェリックは、相棒のニック・“グース”・ブラッドショウを訓練中の事故で亡くし、不振に陥った。だが、卒業後の任務で自信を取り戻し、敵機と遭遇したライバルのトム・“アイスマン”・カザンスキー(ヴァル・キルマー)を助けて、見事に敵機を撃退した。軽快な音楽と、迫力ある空中戦シーンがこの前作の大きな魅力で、世界中で大ヒット。クルーズだけでなく、ヴァル・キルマー、メグ・ライアン、ティム・ロビンスら当時の若手俳優たちの出世作となった。

今回は、トップガンの教官となったマーヴェリックと、その型破りな指導を受ける若きパイロットたちの葛藤と信頼、友情が描かれる。

【関連記事】北川景子が”元勤務先”マリ・クレールに語った、映画『大河への道』の「女神のような演技」

最も注目されるのが、空撮場面はCGを使わず、実写であるということ。俳優たち自身が戦闘機に乗り込み、本当に空を飛んで撮影されているのだというから驚かされる。太平洋艦隊海軍航空部の協力を得て、俳優たちに対し、5か月にわたって厳しい飛行訓練を行ったのだという。高速で飛ぶ最新鋭機F/A-18では、訓練されたプロのパイロットでも失神しかねないような大きな圧力を受ける。この映画で俳優たちは実際に8G(体重の8倍)もの圧力を受けたという。そうして撮影された映像は圧巻のひとこと。ぜひとも大きなスクリーンで、体験してもらいたい。

事故死した親友の息子が教え子に

マーヴェリックや選りすぐりのエリート・パイロットたちが集められたのは、極秘ミッションを行うためだった。某国で、世界の脅威となるある計画が行われようとしており、計画阻止のために基地を破壊しなくてはいけない。ところが、その基地というのが、深い渓谷の奥にあり、対空砲が数えきれないほど備えられている厳重な所。その不可能と思われる攻撃のため、敵基地を再現した広大な地域で連日、厳しい飛行訓練を繰り返す。

そして、若きパイロットの中にはかつての親友グースの息子、ブラッドリー・“ルースター”・ブラッドショウ(マイルズ・テラー)がいた。父の事故死をひきずって反発するルースターとマーヴェリックとの確執が物語の軸となっている。

【関連記事】<必見新作映画>広瀬すずは大人の新境地、阿部サダヲは”殺人鬼”怪演、主演・中井貴一が企画

マーヴェリックの親友だったグースの息子、ルースターを演じるマイルズ・テラー

Profile

福永聖二

編集委員、調査研究本部主任研究員などとして読売新聞で20年以上映画担当記者を務め、古今東西9000本以上の映画を見てきた。ジョージ・ルーカス監督、スティーブン・スピルバーグ監督、山田洋次監督、トム・クルーズ、メリル・ストリープ、吉永小百合ら国内外の映画監督、俳優とのインタビュー多数。2

Recommend

Pick Up

リンクを
コピーしました