×

Lifestyle

時計職人によるムーブメントの組み立てとセッティング ©Nacása & Partners Inc.

エルメスでは一般職はエコノミー、職人はビジネスクラスで移動する

マリ・クレール編集長、田居克人が月に1回、読者にお届けするメッセージ。今回は、2022年11月に京都で開催された展覧会「エルメス・イン・ザ・メイキング」での、印象的な光景について語ります

ブランドがブランドたりうる条件とは

職人という言葉から、私たちはどんなことをイメージするでしょうか?

広辞苑で調べてみると、職人とは①手先の技術によって物を製作することを職業とする人のこと。大工、左官、指物師などを指す、とあります。また②中世の手工業組織であるギルド・座などで、親方の下で生産に従事する雇人、ともあります。

和英辞典で調べてみると、職人とは英語でcraftsman、artisan、worker という呼び方で表現されるとありました。

真っ白な磁器の皿に絵付けをする作業
©Nacása & Partners Inc.

ラグジュアリーブランド業界でも最近とみに職人という言葉が使われています。また、このコラムでも何度か書かせていただいているのですが、ブランドがブランドたりうる必須条件の中に、歴史、物語、高品質の素材、そして「artisan work」、つまり高い職人技が含まれています。

昨年11月22日から27日の期間、京都の「京都市京セラ美術館」で「エルメス」の展覧会が開かれました。展覧会のタイトルは「エルメス・イン・ザ・メイキング」。「エルメス」のクラフトマンシップに宿る創造と革新に触れてもらおうという意図で企画され、2021年コペンハーゲンを皮切りに、世界各都市を巡回している展覧会です。

京都が選ばれたのは、この地が日本の伝統的な技術を伝承し続けてきた、職人たちが数多く生きる街で、過去から現在、そして未来へと継承されるモノづくりの街でもあるからです。

「エルメス・イン・ザ・メイキング」展では、展示スペースが「クラフトマンシップの伝統と文化」、「すばらしき素材」、「モノづくりの地に宿る力」、「『時』はエルメスの友」と4つの空間に分かれていて、「エルメス」の歴史と日常をつないでいます。

手袋はまず素材となる革を型に沿って裁断するところから始まる
©Nacása & Partners Inc.

「エルメス」の職人たちが人々に長く愛されてきたオブジェを丁寧に作っていく様子や、世代を超えて愛用されるように、長年使われたバッグが手入れ・修理される様子も紹介されました。またスカーフの絵柄のための精巧なシルクスクリーン製版の作業や、多くの工程を経て革手袋が作られる様子、純白の磁器に緻密な作業で絵を描いていく様子、気の遠くなるような忍耐力でブレスレットにダイヤモンドをはめ込む作業など、日ごろはなかなか目にできないプロセスを間近で見ることができました。純白のガウンを着て、わき目も振らず、作業に没頭する職人の姿は、「artisan worker」という言葉がぴったりでした。

この展覧会のために「エルメス」の様々な製造部門の職人たちが、愛用の道具、素材、そして専門知識を携えて来日し、その技術の一端を我々に開示してくれていたのです。

エルメスのルーツともいえる鞍と、製作過程の各部分の展示も

Recommended

Pick Up

リンクを
コピーしました