Loading...
×

Lifestyle

「ポール・スミス」が、ブランド初となるルームフレグランスを四つの香りで発売

「ポール・スミス」から、ブランド初となるルームフレグランスがローンチ。ガラス製の器に入ったキャンドルとリードディフューザーは、花瓶や小物入れとして再利用できる。ポール・スミス公式オンラインショップと一部のショップにて販売中。

デザイナー・ポールの最も印象的な思い出に基づいて調香された四つの香りが楽しめる「ポール・スミス」初のルームフレグランス。原料には高級オイルを特別に選定し、そのネーミングはポールの英国的なユーモアのセンスを思わせる。

スモールキャンドル ¥11,550

Botanist:ポールがノッティンガムに最初に開いたショップで販売していたクリーンなテーラリングからインスパイアされた「ボタニスト」。ハイチ産のベチバー、モス、レモンが調合され、刈りたての草や緑を思わせるフレッシュな香り。

ラージキャンドル ¥38,500

Bookworm:ポールのオフィスにある本や書類の山からインスピレーションを得た「ブックワーム(本の虫)」は、図書館やアンバーの香りを想起させる。ジャマイカ産ピメントベリー、グレープフルーツ、シダーウッドが調合されている。

ディフューザー ¥16,500

Early Bird:ポールのロンドンのショップにほどこされている再生鉄の外壁や、曇りの朝、舗道に降り注ぐ雨の香りを再現した「アーリーバード」。ノートには、インドネシア産パチョリオイル、アイリス、レインアコードをブレンド。

スモールキャンドル ¥11,550

Daydreamer:ポールの長いサマーホリデーをイメージした「デイドリーマー」は、ハーブガーデンやゴールデンアワーの陽光あふれる野原でのサイクリングを思い起こさせる。フレンチ産ラベンダーオイル、クラリセージ、バーベナを調合。

2トーンカラーの美しいガラス製の器は、花瓶や小物入れとして再利用できるようにデザインされ、蓋は、熱やこぼれから机の天板を保護するコースターとしても活用できる。

それぞれの香りは、1本芯のキャンドル(240g ¥11,550)、3本芯のキャンドル(1kg ¥38,500)、リードディフューザー(250ml ¥16,500)の3種類で展開。リビングやベッドルームなど、各部屋に合わせた色や香りでそろえたくなりそう。

text:Tomoe Tamura

【関連記事】英国のハイグレードな香水ブランド「PERFUMER H」がパリ上陸後、早くも話題に!

Recommended

Pick Up

リンクを
コピーしました