Loading...
×

Feature

©️WPA Pool/Getty Images

カミラ王妃、好感度急上昇⁈女王への追悼をブローチに込める

長年の不倫の末、2005年にチャールズ皇太子(当時)と結婚したものの、王室メンバーとして脚光を浴びる機会が少なかったカミラ夫人。今回、チャールズ3世新国王の即位を受け、王妃(クイーン・コンソート)の座に就いたカミラ夫人は英国民に受け入れられるのか?

歓迎ムードのない結婚だったチャールズ&カミラ

チャールズ3世新国王の即位に伴い、英国の王妃となったカミラ夫人。スコットランド・エディンバラのセント・ジャイルズ大聖堂に向かう亡き女王の棺に付き添った彼女は喪服に身を包み、義理の母であるエリザベス女王から譲り受けた、あざみをかたどったダイヤモンドのブローチを身に付けていた。

ダイアナ元妃から、一度噛み付いたら離さない大型犬になぞらえて〝ロットワイラー″と呼ばれていたカミラ夫人。ダイアナ元妃が交通事故で亡くなったことで、彼女への風当たりはさらに強くなった。そんな中、2005年にはチャールズ皇太子(当時)との再婚も果たし、晴れて王室メンバーに加わったものの、その存在は決して歓迎されたものではなく、カミラ夫人にスポットライトが当たることはなかった。

【関連記事】キャサリン妃がダイアナ元妃の称号「プリンセス・オブ・ウェールズ」継承へ

関連情報

Recommended

Pick Up

リンクを
コピーしました