Loading...
×

Beauty

今いくならここ! 心のデトックスに最適な世界遺産・醍醐寺【ナタリーの日仏ビヤンネートルのすゝめ Vol.38】

心と体を心地よく、美しい状態にするフランス式ライフスタイル「ビヤンネートル(Bien-être)」をキーワードに、日仏美容家のナタリーが気になるモノ・コトをナビゲート。第38回は、春を迎えた京都でのエピソードについて。

遠出といえば出張や仕事関連がほとんどというここ数年。働き方の多様化も相まって、これまでとは違った旅の形が定番化しつつある今日この頃ですが、旅先だからこそデジタルから離れ、ゆったりとした時間を過ごしたいと願う人も増えているように感じます。そんな折、桜の花も咲き揃ったところに「三井住友トラストクラブ(ダイナースクラブ)」が主催する世界遺産「醍醐寺」の観桜会にお邪魔してきました。

874年に開創された「醍醐寺」の名を聞いて、まず思い浮かぶのは豊臣秀吉による「醍醐の花見」。約11年間続いた応仁の乱によって荒廃した「醍醐寺」の再建を行った秀吉は、晩年にこの地で花見をすることを願って700本の桜を植え、1300人余りの女房らと桜を愛でたといいます。この歴史に残る一大行事が、それまで貴族の間だけで親しまれていた花見を、現在の日本人の花見文化に近しいものへと変えるきっかけになったといいます。

今回はまず、国宝・重要文化財が収められた霊宝館の庭園にある樹齢190年以上のしだれ桜、そして秀吉も愛でたという三宝院庭園を鑑賞。私たち人間の一生からすれば、永遠とも思える年月を生きた桜は圧巻の一言。

生命の偉大さを知ると共に、それを後の世に繋げていこうとする人の思いや努力は今も昔も変わらないのだと感じました。そしてこの世は諸行無常であるからこそ、その場に居合えたことがとても尊いのだと胸に沁み入りました。

今回のイベントでは、特別に総本山醍醐寺 仲田順英師(執行・総務部長)の法話を拝聴する機会がありました。印象的だったのは「肉体は年齢を重ねても、精神にはかつての自分が必ず存在し、今の自分を支えています。それと同様に、私たちが今ここにいるのは先人の命があってこそ。その人物が今ここにいると考えることが大切です。花々を愛でながら、そんなことにもぜひ思いを馳せてほしい」というお言葉。幽玄なる自然を前にしながら、連綿とつながる命の環の中にしっかりと私自身も入っているのだと実感することができました。

醍醐寺にはその他、秀吉が基本設計を行った三宝院庭園や京都で最も古い木造建築物・五重塔をはじめ、国宝だけで75,537点、重要文化財430点が所蔵されています。しかし、貴重だからといってこれらを大切にしまって人から遠ざけるのではなく、広く公開したり使用することで、ものに宿った気持ちをも大切に繋いでいるといいます。

また、意外と知られていないのが、醍醐寺の文化財の修復を「ダイナースクラブ」もその一端を担っているということ。企業による持続可能な未来への貢献が叫ばれるずっと前から、醍醐寺と手を取り合って多くの貢献活動を行なってきたことは、賞賛すべきあり方です。


醍醐寺/ダイナースクラブ 文化財修復プロジェクト」によって修復された「五大明王像」

「ここでしか、見つけられないものがある。」をブランドスローガンとしているダイナースクラブでは桜や紅葉の鑑賞会など、会員限定のイベントを数多く行っています。「ダイナースクラブカード」という日常のひとつの選択が、巡り巡って日本文化の継承に繋がるということは持続可能な社会を目指す上でとても意義のあることと感じました。

自分が心地よいと感じる空間に身を置くというのは、まさにこのコラムのテーマである“ビヤンネートル”そのものです。息つく暇もない現代を生きる私たちに必要なのは、古きを温ねて新しきを知ることかもしれません。

旅先での経験は教養を深め、さらには心に休息まで与えてくれます。なお、地元の方の話によると、京都ではさまざまな種類の桜が分布しているため、5月中旬まで桜を楽しめるとのこと。日本人の想いがつまる古都にぜひ足を運んで、自身の肌でその空気を体感してみてはいかがでしょうか。

■総本山醍醐寺住所:京都府京都市伏見区醍醐東大路町22
電話番号:075-571-0002
拝観時間:9:00~17:00 ※季節により変動あり
拝観料:三宝院庭園・伽藍・霊宝館庭園 ¥1,500(3月20日〜5月G.W最終日まで)
アクセス:地下鉄東西線「醍醐」下車徒歩10分

お問い合わせ先

三井住友トラストクラブ株式会社/03-6770-2630(平日9:00~17:00) ダイナースクラブ ウェブサイト https://www.diners.co.jp/

Profile

ナタリー(Nathalie)

一般社団法人日仏ビヤンネートル協会代表。モード系美容誌編集を経て独立後、日本とフランスのライフスタイルを融合したオリジナルのビューティメソッドや、海外トレンドを踏まえた美容情報を執筆中。レインボータウンFMのラジオ番組「Nathalie’s Beauty Talk」では第1土曜と第2木曜にフランスの最新美容情報などを紹介。 https://institut-du-bienetre.com/

Recommend

Pick Up

リンクを
コピーしました