×
'長崎県産まぐろ⾚⾝の漬け丼/photo:Emi Sugiyama'

Lifestyle

レシピ

長崎県産まぐろ⾚⾝の漬け丼/photo:Emi Sugiyama

まぐろの赤身の漬け丼

■調理時間7分

■材料(分量は動画をご確認ください)
まぐろ⾚⾝
わさび
きざみ海苔
卵の⻩⾝
寿司飯⼆膳分

まぐろたれ
酒⼤さじ6
みりん⼤さじ2
醤油⼤さじ2

■必要な調理器具
・まな板
・包丁
・⼩器
・⼩鍋
・軽量スプーン
・しゃもじ
・摺り下ろし器(わさび⽤)

■How to Cook

  1. 漬け丼のタレをつくる。⼩鍋に酒とみりんを⼊れて沸騰させてアルコールを⾶ばす。⽕をとめて醤油を⼊れる。
  2. マグロの表面に熱湯をかける。1のタレにつけて、冷蔵庫で保存する。(3〜4⽇⽇持ちする)
  3. マグロの漬けを薄くスライスして酢飯の上に綺麗に並べる。真ん中に⽣卵の⻩⾝を乗せて、刻みのりをのせ、わさびを添えて出来上がり。

■Point!
まぐろは、⾊が変⾊し安いので漬けにすると⾊が変わらず数⽇冷蔵庫で⽇持ちします。
まぐろの漬けは、⼀晩から数⽇置いた⽅が味が染みて美味しくなりますが、数時間でも良いです。
味が薄い場合には、漬け丼のタレを添えて出してください。
⼩丼にする場合には、鶏卵ではなくうずらの卵の⻩⾝を載せても可愛らしくておすすめです。

(c)marie claire style/ RECIPE by ⿇布⼗番 おざき/ selection, text: Emi Sugiyama

Recommend

Pick Up

リンクを
コピーしました