×

ホリデーシーズンに映える! 英・キャサリン皇太子妃のクリスマスカラールック

Chris Jackson /Getty Images

クリスマスが近づくと、毎年のように心踊るホリデーシーズンスタイルを披露してくれる英・キャサリン皇太子妃。鮮やかで上品なロイヤルクリスマスファッションを一挙お届け。

目立つ色も華やかさはそのままに、品よく着こなすキャサリン皇太子妃のように、大人らしくエレガントにクリスマスカラーを取り入れて、ホリデーシーズンの気分を盛り上げて。

洗練の「冬の白」で気分はホワイトクリスマス

マニッシュなパンツスタイルもオールホワイトでエレガンス全開

この投稿をInstagramで見る

Just Jared(@justjared)がシェアした投稿

2023年12月8日(現地時間、以下すべて)、キャサリン皇太子妃が主催するクリスマスコンサート、第3回「トゥギャザー・アット・クリスマス」がロンドン・ウェストミンスター寺院で行われ、ウィリアム皇太子一家5人がそろって出席。10歳のジョージ王子、8歳のシャーロット王女に加え、今年は5歳の末っ子、ルイ王子が初参加となった。家族はネイビーやボルドーカラーでシックに装う中、夜のイベントでひときわ目をひくオールホワイトルックで登場したキャサリン妃。細身シルエットのロングコートを主役にした、エレガントなパンツルックを披露した。

この投稿をInstagramで見る

HELLO! US(@hellomagus)がシェアした投稿

端正なチェスターコートは、ロイヤルファンブログによると、高級紳士服店が並ぶサヴィル・ロウのテイラー、クリス・カーのカスタムメイド。シンプルなニットに合わせたハイウエストパンツは英国ブランド、ホランド・クーパーのもので、金ボタンが華やかなアクセントになっている。それとリンクするかのように、耳元にはイエローゴールドがベースのフラワーモチーフが揺れるヴァン・クリーフ&アーペルの「アルハンブラ」のピアスをチョイスし、フェミニンなタッチを添えた。

小ぶりなワンハンドルバッグは、メーガン妃も愛用のブランドとして知られるエジンバラ発ストラスベリーのもので、アイコニックなメタルバーがきらりと光る洗練されたデザイン。足元はキャサリン妃の御用達ブランド、ジャンヴィト・ロッシのスエードパンプスで上品に仕上げた。

きらめくホワイトジャケットでホリデーシーズンらしい華やぎを

この投稿をInstagramで見る

Tatler(@tatlermagazine)がシェアした投稿

クリスマスコンサートの様子は、英国でクリスマスイブに放映されるとのことで、そのプロモーション動画にキャサリン皇太子妃みずからが登場。「クリスマスイブは、特別なキャロル・サービスに参加してください。とても重要な幼少期にある、私たちの社会のもっとも若いメンバーたちをサポートしてくれるすべての人たちに、心からの感謝を伝えましょう」とカメラに向かって語りかけたキャサリン妃。

この投稿をInstagramで見る

Maria Proietti(@mariaproi)がシェアした投稿

繊細なパール調パーツで縁取られたホワイトニットジャケットは、ロンドン発セルフ・ポートレートのもので、キラキラ光るスパンコールがホリデーシーズンにぴったり。ピーターパンカラーのクラシカルなデザインに、ゴージャスなビジューボタンが存在感を放つ一着は、ブランドのウェブサイトによると380ポンド(約7万円)とのこと。キャサリン妃はナチュラルなヘアスタイルで、耳元からはニットジャケットのボタンとリンクしたようなデザインの、ダイヤとパールのクラスターピアスをのぞかせた。普段からパールのピアス好きで、プチプラからロイヤルプライスまで幅広く活用しているキャサリン妃。こちらはロイヤルファンブログによると、ルイ王子の洗礼式のときなどにも着用していたカサンドラ・ゴードのもので、5430ポンド(約98万円)だそう。

今年1月にキャサリン妃がローンチした、子どもの早期教育の重要性を提唱する活動「Shaping Us」キャンペーンと連動して行われた今回のコンサートは、英国の地域社会で、乳児や幼児、その両親を支援するために働く人々に感謝するものと公式アカウントで発表されている。

ぬくもりあふれるフェアアイルタートルニットが冬らしさ満点

この投稿をInstagramで見る

The Prince and Princess of Wales(@princeandprincessofwales)がシェアした投稿

今年のコンサートの告知投稿では、冬らしさ満点な白のフェアアイルニット姿を披露したキャサリン妃。これは2022年のクリスマスコンサート前日にX(旧ツイッター)で「明日のキャロル・サービス#TogetherAtChristmasに向けて、最後の仕上げ」とキャプションを添えて公開された動画のコーディネートで、袖口に金ボタンが並んだタートルネックニットはホランド・クーパーのもの。その動画ではローラン・ムレのモードなブラックパンツにニットをインしたキャサリン妃が、楽しそうにクリスマスツリーの飾り付けを行なっている様子が映し出されている。

この投稿をInstagramで見る

HELLO! Magazine(@hellomag)がシェアした投稿

キャサリン妃はこのニットをリピート愛用しており、2022年2月、チルドレンズ・メンタルヘルス週間に英『BBC』の子ども向け番組に出演して、読み聞かせを行った際にも、デニムとのカジュアルなコーディネートで披露していた。

昨年のコンサートは2022年12月15日に、同年9月に逝去したエリザベス女王(享年96)への追悼の意味を込めて行われ、チャールズ国王・カミラ王妃夫妻も出席。キャサリン妃はバーガンディーカラーのコートをまとって参加した。

英・キャサリン皇太子妃とメーガン妃、エレガントvs.モードな洗練コートスタイル
英・キャサリン皇太子妃はZARAを愛用! 王室女性たちの上品ジャケット&パンツスタイルを拝見

リンクを
コピーしました