Loading...
×

Culture

Girls' Generation公式Twitterより

待望の少女時代 最新アルバム『FOREVER1』全10曲をレビュー!

デビュー15周年を迎えた少女時代が、7thフルアルバム『FOREVER 1』と共に約5年ぶりに完全体で帰ってきた。本アルバムに収録された全10曲を一挙ご紹介。

少女時代 GirlsGeneration  소녀시대 FOREVER1
Girls’ Generation公式Twitterより

8月8日にカムバックを果たしたレジェンドガールズグループ、少女時代。今回のカムバック情報が解禁になった瞬間、各所から多くの期待と歓迎の声が上がり、実際に公開されたアルバム『FOREVER 1』の注目度も非常に高い。というのも、今回のアルバムは彼女らが個人活動の合間を縫って時間と労力を捻出しながらなんと約5年ぶりにリリースしたもので、少女時代のデビュー15周年を記念する意義深い作品なのだ。1曲ずつ噛み締めるように聴きながら、自分の中の少女時代をアップデートしよう。

【関連記事】少女時代がカムバック!空白の5年間、何をしてた?ソロ活動まとめ

01. FOREVER 1

15年の時を経ても揺らぐことのない “永遠の愛” を表現した爽快でエネルギッシュなダンスポップミュージック。「FOREVER 1」という威勢の良い掛け声と共に幕が上がり、8人揃ってきらめくスポットライトを浴びる様子が鮮明に浮かび上がる。女優やモデル、ソロ歌手、DJなど、個人活動に専念してきたメンバーが再びステージに集結する姿を描いたMVは感動ものだ。

02. Lucky Like That

1曲目の「FOREVER 1」と地続きの美しいボーカルハーモニーと爽やかなメロディで運命的なカムバックを告げるポップソング。韓国でのデビュー曲のタイトル「また巡り逢えた世界」が歌詞に登場し、デビュー当時の初々しい姿を想起させる。

03. Seventeen

“17歳” という若々しくフレッシュなタイトルからは想像もつかない意表を突くような力強いドラムに歯切れの良いピアノビートがカッコイイR&Bソング。スヨン、ティファニーが作詞に参加しており、10代の時にメンバーが感じていたときめきがリアルに蘇る。

04. Villain

力強いベースリフに強烈な電子音、オートチューンのかかった歌声が織りなすワイルドなダンスミュージック。 「英雄になるために悪役でも恐れずやり遂げる」という誓いに勇ましさを感じる。

05. You Better Run

緩急あるリズムがダイナミックさを放つエレクトロポップ。勘の良い人は、タイトルを見ただけで2010年にリリースされた楽曲「Run Devil Run」から繋がるストーリーだと気づくだろう。復讐を予告して去った主人公が戻ってきて相手を恐怖へと陥れる様子を描いている。

06. Closer

4つ打ちビートに煌びやかなピアノのリフがのったポップなラブソング。恋愛初期の駆け引きの中で相手が近づいてくれることを望む素直な気持ちを表現している。

07. Mood Lamp

柔らかいギターの音色と温かい息遣いが魅力的なR&B曲。闇から大切な人を守りたいという気持ちをムードランプが枕元を優しく照らす場面にたとえている。

08. Summer Night

ビール缶をプシュっと開けて始まる、丸みを帯びたシンセサウンドが心地よいサマーソング。好きな人と過ごす幸せな夏の夜を描いたストーリーが、本アルバムにそっと季節感を吹き込む。

09. Freedom

神秘的な電子音と等間隔のビートが聴く人を夢見心地にさせるドリームシンセポップ。「あなたと一緒にいると知らない私に出会える」と、自分の中に眠る本能を呼び起こしていく。

10. Paper Plane

重みのあるベースの上にシンセが軽快に跳ねるミディアムテンポな楽曲。夢に向かって挑戦することを紙飛行機で表現したエールソングで、韻を踏む度に風を受けて少しずつ背中を押されているような不思議な感覚に包まれる。

少女時代 GirlsGeneration  소녀시대 FOREVER1
Girls’ Generation公式Twitterより

【関連記事】今年No.1韓国ドラマ『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』サントラの魅力に迫る!《前編》

【関連記事】K-POPの次は韓国インディーズが見逃せない~前編~

Profile

Akari Hiroshige

Akari Hiroshige


1994年生まれの自称、韓国インディーズPR大使。韓国のミュージシャンや業界人を中心にインタビュー記事を多数執筆。「韓国の音楽をジャンルレスに紹介する」をモットーに、韓国インディーズ音楽特化型メディア「BUZZYROOTS」の運営やDJイベントへの出演、アーティストのアテンドなど、多岐に渡り活動中。
WebサイトTwitterInstagramSpotify

Recommended

Pick Up

リンクを
コピーしました