Loading...
×

Netflixシリーズ『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』独占配信中

今年No.1韓国ドラマ『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』サントラの魅力に迫る!《前編》

Netflixで人気急上昇中の韓国ドラマ「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」。その魅力の引き立て役となったOST(Original Sound Track)を手掛けたアーティスト6人を前編、後編に分けてご紹介。

ウ・ヨンウ弁護士は天才肌 韓国 ドラマ 韓ドラ Netflix

世界20ヵ国で視聴率1位を記録する大人気韓国ドラマ『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』。自閉スペクトラム症を抱えながら一流法律事務所で働き始めた新米弁護士のウ・ヨンウが、仕事や恋愛、友人・親子関係を通じて、世の不条理や偏見を乗り越え成長していく心温まるヒューマンドラマだ。7月〜8月にかけて全16話の配信が予定されており、SNSでは「このままいけば、今年No.1の韓国ドラマだ!」と絶賛の声が相次ぎ、最新話が更新される度に注目度が高まっている。

ウ・ヨンウ弁護士は天才肌 韓国 ドラマ 韓ドラ Netflix

実は、ドラマ放送開始前からOSTにも期待が集まっていた本作。というもの、数多くのヒット曲の作詞作曲を手掛けてきた歌手、作曲家兼ピアニストのノ・ヨンシムが本ドラマの音楽監督に就任したのだ。実際に楽曲のクレジットを見てみると、現在(2022年8月8日時点)公開中の全ての楽曲(part.1〜5)の作詞作曲に彼女の名前があり、 “ノ・ヨンシム ワールド” と言っても過言ではなさそうだ。

本記事では、そんな彼女と息を合わせるように『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』を音楽で彩る3人のアーティストをご紹介。ドラマ本編とともに楽しんでもらえたら嬉しい。

Part.1:キム・ジョンワン(from NELL)/ Brave

「ウ・ヨンウが生きる世界を知り、彼女を愛することで自分自身を知りたい」というイ・ジュノ(ヨンウの同僚)の願いを柔らかくも力強い歌声で代弁したのは、韓国を代表する人気ロックバンドNELLのボーカリスト、キム・ジョンワン。彼はNELLの全ての曲の作詞作曲を手掛け、自慢の高音ボイスで多様な世界観を歌い分ける。他にも、ドラマ「あやしいパートナー」「ザ・キング:永遠の君主」など、OSTの実績も豊富だ。

Part.2:ソヌ・ジョンア / Beyound My Dreams

踊り出しそうな胸の高鳴りを美しいワルツに乗せて歌った実力派シンガーソングライター兼プロデューサー、ソヌ・ジョンア。ジャンル、シーンの垣根を超えて、時には有名アーティストとコラボレーションしながら個性を際立たせていく彼女は、類を見ないマルチクリエーター。囁くだけで聴衆を虜にする彼女の繊細な声は、一度聴いたら二度と忘れられない。彼女が手掛けてきた楽曲は星の数ほどあるが、迷ったらまずは韓国でも根強い人気の「Run With Me」「Cat(Feat. IU)」をおすすめしたい。

Part.3:オゾン / Better Than Birthday

シンガーソングライターのオゾンは、ときめく恋心を持ち前の透き通るような歌声と爽やかなメロディで巧みに表現した。インディーズバンドのギタリストとして音楽活動をスタートさせた彼だが、『ミスター・サンシャイン』『恋愛ワードを入力してください~Search WWW~』など有名ドラマのOSTへの参加を通して認知が広まりつつある注目のアーティストだ。

Part.4〜6を手掛けた3人のアーティストを紹介している《後編》はこちら

【関連記事】K-POPの次は韓国インディーズが見逃せない~前編~

【関連記事】少女時代カムバ目前!空白の5年間、何をしてた?ソロ活動まとめ

Profile

Akari Hiroshige

Akari Hiroshige


 1994年生まれの自称、韓国インディーズPR大使。韓国のミュージシャンや業界人を中心にインタビュー記事を多数執筆。「韓国の音楽をジャンルレスに紹介する」をモットーに、韓国インディーズ音楽特化型メディア「BUZZYROOTS」の運営やDJイベントへの出演、アーティストのアテンドなど、多岐に渡り活動中。
WebサイトTwitterInstagramSpotify

Recommended

Pick Up

リンクを
コピーしました