Loading...
×

『新・信長公記』の永瀬廉が魅せる正統派アイドルと憑依型俳優という2つの顔

オドオドしたヲタ少年役で日本アカデミー新人俳優賞に

そんな永瀬クンが朝ドラに出演した前年に公開された映画『弱虫ペダル』もまた、俳優としての才能を感じさせる作品である。彼は本作で第44回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した。

弱虫ペダル 永瀬廉 伊藤健太郎 橋本環奈 坂東龍汰 竜星涼
『弱虫ペダル』(¥4,180・通常版DVD価格) 好評発売中 。発売元:フジテレビジョン  販売元:松竹  ©2020映画「弱虫ペダル」製作委員会 ©渡辺航(秋田書店)2008  ※2022年7月時点の情報です

小野田坂道(永瀬)は千葉に住むアニメオタクの15歳。中学時代は友だちを作れなかったが、高校に進学したらアニメサークルに入部して仲間と好きなアニメについて語り合うんだと意気込んでいた。ところが、入学した高校のアニメ研究部は部員が少な過ぎて休部中であることを知る。

坂道はショックを受けつつも、いつものようにママチャリに乗ってアニメの聖地・秋葉原に向かった。千葉からアキバまで往復50キロもあるのだが──。そんな坂道の走りを目撃した同級生の今泉俊輔(伊藤健太郎)は、坂道に“才能”を感じとり、レースをしようと持ちかける。

白熱した戦いの結果、坂道は負けてしまうが、自転車で走る楽しさを知り、秋葉原で出会った同級生・鳴子章吉(坂東龍汰)に誘われて自転車競技部に入部する。

坂道たちの高校の自転車競技部は、全国に知られた強豪校。俊輔と章吉は中学時代からの経験者で、ロードレースで勝つためこの高校を選んだのだった。今年もインターハイ優勝を目指して精鋭たちがしのぎを削る中に飛び込んだ初心者・坂道は戸惑うばかり。しかし、部長の金城真護(竜星涼)やマネージャーの寒咲幹(橋本環奈)に見守られながらメキメキと能力を開花させていき——。

弱虫ペダル 渡辺航
『弱虫ペダル(1)』(著◎渡辺航 秋田書店刊)¥499
原作は現在も『週刊少年チャンピオン』で連載中で、コミックは第78巻まで刊行されている

永瀬クンは、ここでもまたアイドル・オーラを完全オフにして、ちょっとオドオドしたヲタ少年になりきっている。ひとりぼっちだった中学時代が辛くて、高校では友だちが欲しいと熱望した坂道。そんな彼が、ようやく出会えた仲間のために限界を超えて必死にペダルを漕ぐ姿は胸アツ必至。

永瀬クンは役を自分に引き寄せるのではなく、憑依型の俳優であることを、あらためて感じさせる映画である。

【関連記事】『六本木クラス』注目は鈴鹿央士。竹内涼真を陥れる”闇堕ち高校生”は、初出演作で新人賞総ナメの演技派
【関連記事】ドラマ『この初恋はフィクションです』の坂東龍汰。出演作が目白押しの理由

Profile

香月友里

かづき ゆり。フリーライター。出版社の編集者を経てライターに。同居する5匹の犬猫たちにお仕えしながら、映画とドラマと演劇とJ-POPにどっぷり浸る日々を送る

Recommend

Pick Up

リンクを
コピーしました