×

長崎の“新しい”に出会う。街歩きで訪れたい4つの観光スポット

長崎マリオットホテルから路面電車を使えば、中心地まではすぐ。江戸時代に、世界の国々との交易をつづけてきた長崎の異国情緒あふれる雰囲気は、今も引き継がれ、その様式は「和華蘭(わからん)文化」と呼ばれている。後編では、そんな長崎の街で”新しい”が見つかる、4つのスポットを紹介する。

和華蘭文化を愉しむ「茶房膳所なつめ」

ちゃんぽんや皿うどんなどが有名な長崎のグルメ。実は、安土桃山時代に中国から最初に伝来した地ということから、日本三大珍味のからすみも長崎名物として有名で、高野屋や小野原本店など老舗のからすみ専門店が街中にもたくさん存在する。

うにわっぱ ¥2,200(税込)

会席料理店「茶房膳所 なつめ」ではそんなからすみを海の幸、うにと一緒にしたうにわっぱが看板メニュー。わっぱには黄金色の長崎産のうにが溢れ、箸を入れると間にスライスされたからすみがのぞく。贅沢に敷き詰められたふたつの海の幸の競演は、一口食べただけでも多幸感のある一品だ。

お店は和のしつらえを基調としながらも、アンティークのテーブルが並び、下にはオリエンタルな絨毯が敷かれている。壁には店主が集めてきた古今東西の骨董品が所狭しと並び、和華蘭文化を感じさせる空間だ。うにわっぱはもちろん、そういった空間を目当てにも訪れてみてほしい。

歴史と景色を眺める「グラバー園」

グラバー坂を上って、大浦天主堂に寄ってグラバー園へ。長崎のお馴染みの観光コースではあるけれど、約3年間をかけ保存修理工事が終了し、2021年にリニューアルオープンした「グラバー園」はぜひ足を運んでもらいたい場所の一つ。

旧グラバー住宅


明治日本の産業革命遺産のひとつとして世界遺産に登録されている旧グラバー住宅をはじめ、国の重要文化財に指定されている旧オルト住宅(現在観覧停止中)、旧リンガー住宅など、これまで以上に史実に基づいた展示を目指し、展示内容も一新されている。

中庭から眺める長崎港も絶景。日中は長崎港の中央にそびえる巨大なクレーンで、世界遺産にも登録された「ジャイアント・カンチレバークレーン」を見つけることも。

新しい文化に触れる「でじま芳扇堂」

佐賀の酒蔵で研錯を積んだ日向勇人さんと咲保さん夫妻が2023年3月にオープンしたばかりの同店は、醸造所を併設した九州初となるどぶろくの専門店。甘酒にも似たどぶろくは、米と米麹に、酵母を加えて発酵させ、醪(もろみ)をこさずに作る日本古来の伝統酒だ。

「たすき」の価格は素材によって異なる。オンラインで定期便も。

なかでも、味わってほしいのは、県内の農家の規格外を中心とした農産物を主役に、米や麹を発酵させた限定のどぶろく「たすき」だ。地域資源の循環を目的としている。使用する農作物によって全く異なる味わいとなるため、季節の味覚と出会える一期一会の楽しみもある。

全国から厳選した器の販売に加え、お店の奥では「さけBar」もあり、どぶろくと一緒に女将による粋な小料理を味わえ、ついつい長く滞在したくなるはずだ。

定番のどぶろく「芳扇」以外のお酒も味わえる。

新定番「桃カステラ」を手土産に

福砂屋に文明堂、異人堂……長崎土産の定番土産と言えばカステラだが、「桃カステラ」を食べたことはあるだろうか。カステラ生地の上に縁起がいいとされる桃のフォンダンをあしらった、古くから長崎で愛されてきた伝統菓子の一つ。桃の節句がシーズンではあるものの、近年では縁起物として、ソウルフードとして、地元で愛され年中手に入る定番菓子になりつつある。

併設の「和風喫茶志らみず」で飲み物と桃カステラ(小)をセットにした小桃セットを提供。写真は中サイズの桃カステラ。

愛らしい桃のデザインや色合いはお店によって多少の違いがあり食べ比べもおすすめしたいが、街歩きの中で立ち寄るのならば、喫茶が併設されている「白水堂」へ。通年販売している桃カステラは、甘さ控えめの生地と、フォンダンの甘味が溶け合う上品な味わい。

どのお店でも、大中小と大きさ別で作られているので、手土産にも最適だ。

text: Mio Koumura

食も絶景も叶う。九州初「長崎マリオットホテル」へ
2024年、旅のアジェンダ。「ラグジュアリーな非日常」が待つ場所へ

お問い合わせ先

茶房膳所 なつめ
住所:〒850-0874 長崎県長崎市魚の町321 長崎マリンハイツ 2F
時間:12:00L.O. 14:00 / 17:00L.O. 21:00 ※わっぱ飯はランチのみ
定休日:火曜
電話番号: 095-826-1900


グラバー園
住所:長崎県長崎市南山手町8
時間:8:0018:00(最終入園受付は20分前)夜間開園もあり
入園料:一般:620円/高校生:310円/小・中学生:180
公式サイト


でじま芳扇堂
住所: 850-0862 長崎県長崎市出島町524
時間:10:0019:00 ※13:00〜16:00は事前予約制 
定休日:火・水曜
公式サイト


白水堂
住所:〒850-0832 長崎県長崎市油屋町1
時間:9:3010:00
電話番号: 095-826-0145

リンクを
コピーしました