×

芸術家ザリア・フォーマンと巡る、「ヴァシュロン・コンスタンタン」の美意識に触れるニセコへの旅

“One of Not Many(少数精鋭の一員)”

「One of Not Many」キャンペーンは、メゾンの大切にする価値観を共有できる人材を世界各地に求めながら展開してきた。その「顔」を務めるのは、デザイナーのオラ・イト、音楽家のベンジャミン・クレメンタイン、写真家で探検家のコーリー・リチャーズ、オートクチュールデザイナーのイーキン・イン、そしてバレエダンサーのチュン・ウェイ・チャンといったアーティストたち。分野こそ異なれ、いずれのメンバーも情熱や技術に基づく価値観、探求、革新、自己改革を通じて、常に完璧を目指す姿勢が共通している。

そこにフォーマンが加わり、とりわけメゾンのアイコンである「オーヴァーシーズ」コレクションが表現してきた大胆な旅や世界へ開けた好奇心の扉を自らの創作や社会参加などを通して体現する。ヴァシュロン・コンスタンタンのスイスの工房で時計を注意深く組み立てていく工程を見学したフォーマンは、熟練した職人たちの手つきが、自らの作品を仕上げていく文字通りの「手作業」を思い起こさせたという。「(私がパステルで)絵を描くことと時計を製作することは全く異なるジャンルのようだが、いずれも指先で型を形成し、素材との感触的、あるいは官能的な繋がりを楽しみながら、メッセージを伝えていく点もとても似ていると思う」

「ヴァシュロン・コンスタンタン」の“One of Not Many”キャンペーン 新しい顔は芸術家のザリア・フォーマン

作品をじっくり鑑賞した後はディナーを経て、ニセコ蒸溜所(ニセコ町)を訪ねた。「八海山」などの日本酒で知られる八海醸造(新潟県南魚沼市)の設立した子会社が21年から蒸留を始め、すでにオリジナルのジンなどを発売。24年以降、少量のウイスキーのリリースを見込んでいる。すでに、ウイスキーファンの間ではグローバルに注目され、バーなども併設する蒸溜所はニセコエリアの新しい観光スポットにもなっている。

芸術家ザリア・フォーマンと巡る、「ヴァシュロン・コンスタンタン」の美意識に触れるニセコへの旅

この日はゲストのために夜も特別に開所。ニセコアンヌプリと羊蹄山に抱かれるようにひっそりと立つスタイリッシュな蒸溜所に入ると、スコットランド・フォーサイス社製の巨大なポットスチルが目を引く。見学エリアにはオーヴァーシーズを象った氷の彫刻も展示され、フォーマンやプレスたちもスマートフォンで盛んに写真に収め、SNSで発信していた。ウイスキーの蒸留も木樽での長期間の熟成が価値を深めるという点で、ヴァシュロン・コンスタンタンの時計が刻む優雅な時間と共通点があるのかもしれない。

Profile

ザリア・フォーマン

米国人芸術家。世界でも有数の遠隔の地をベースとし、荘厳で巨大な作品を通して、変わりゆく風景が及ぼす影響を表現。献身的で妥協を許さない彼女は、2023年9月に“One of Not Many”キャンペーンの新しい顔となり、同キャンペーンの一員である写真家で探検家のコーリー・リチャーズと共にメゾンの旅の精神を表現する「オーヴァーシーズ」コレクションを体現する。

リンクを
コピーしました