×

Culture

次世代K-POPグループ「ATEEZ(エイティーズ)」。チケット3万枚が即完したその魅力とは?

個性派K-POPグループ「エイティーズ」は、12月11日、12日の2日間、幕張メッセにて日本単独コンサート「ATEEZ WORLD TOUR 『THE FELLOWSHIP : BREAK THE WALL』 IN CHIBA」を開催した。

次世代K-POPグループ「エイティーズ」。日本公演では3万人を魅了した

「エイティーズ」は、2018年に韓国デビューを果たした世界中から注目を集める次世代K-POP8人ボーイズグループだ。今回の公演はワールドツアーで、10月のソウル公演を皮切りにオークランド、アナハイム、フェニックス、ダラス/フォートワース、シカゴ、アトランタ、ニューアーク、トロントと、北⽶⼤陸の各都市を巡業。これらの会場に続いて、日本公演の開催となった。日本での単独コンサートは、今回の公演が2回目となる。

日本中から集まった“ATINY(エイティニー)”3万人が熱狂!

本公演の全日程チケットは即完売し、日本各地より3万人のエイティニー(エイティーズのファンの名称)が集結。「New World」からスタートしたステージには、真っ黒なマントをまとったメンバーがダンサーと共に登場し、会場に集まったエイティニーから大歓声が上がった。

エイティーズ ATEEZ  K-POP 韓国

「エイティーズ」のリーダー、HONG JOONG(ホンジュン)
JONG HO(ジュンホ)
MIN GI(ミンギ)
エイティーズ ATEEZ K-POP 韓国
YUN HO(ユンホ)
エイティーズ ATEEZ K-POP 韓国
YEO SANG(ヨサン)
エイティーズ ATEEZ K-POP 韓国
WOO YOUNG(ウヨン)
エイティーズ ATEEZ K-POP 韓国
SEONG HWA(ソンファ)
エイティーズ ATEEZ K-POP 韓国
SAN(サン)

中盤のステージでは船を彷彿とさせる映像と舵をセットに、「WIN」と「Horizon」を熱唱。パワフルなダンスパフォーマンスを披露。さらに、公演の日本公演を締めくくるフィナーレは「Guerrilla」を、アンコールには、「夜間⾶⾏ 야간비행 (Turbulence)(Japanese Ver.)」、「Celebrate」、「From」、「The Real(興Ver.)」と「エイティーズ」の代表曲4曲を披露した。

メンバーのSEONG HWA(ソンファ)は、「エイティにーのおかげでオリコンアルバムチャート1位になりました。大きなプレゼントをありがとう!」とコメント。

また、ステージから離れた席に座るファンのためにトロッコに乗って会場内を移動し、会場に⾜を運んでくれたファンたちへ精⼀杯の笑顔で感謝の気持ちを伝えた。

全セットリストはこちら
1.New World 
2.Answer (Japanese Ver.)
3.Sector 1
4.The Ring
5.HALA HALA
6.Dazzling Light
7.MIST
8.Sunrise
9.My Way
10.ILLUSION
11.WAVE.
12.WIN
13.Horizon
14.Say My Name
15.Cyberpunk
16.Fireworks (I’m the one)(Heat Topping ver)
17.ROCKY (Boxers Ver.)
18.WONDERLAND
19.Guerrilla
20.夜間飛行 야간비행 (Turbulence)(Japanese Ver.)
21.Celebrate
22.From
23.The Real(興 Ver.)

今回の日本公演で初披露となる「Cyberpunk」を含む全19曲、アンコール4曲を披露した「エイティーズ」。12月の寒さを吹き飛ばすほどの圧巻のステージ、今後の彼らの活躍をチェックして!

text: Takumi Hanya、edit: Miyuki Kikuchi

【関連記事】K-POPベスト・アルバム2022発表! デビュー作から伝説のカムバまで1年間を総まとめ

【関連記事】韓国ソウルでブームの「ソグムパン」って? 本当におすすめしたいベーカリーカフェ3選

■ATEEZ JAPAN OFFICIAL SITE
https://ateez-official.jp
■ATEEZ OFFICAIAL INSTAGRAM
@ateez_official_

Recommended

Pick Up

Ranking

リンクを
コピーしました