×

芸術を気軽に楽しむ4日間!「アートウィーク東京」がスタート

6つのルートを巡回するAWT BUS。乗り換えをスムーズにできるアプリも登場

シャトルバス「AWT BUS」6ルートのマップ
会期中に各参加施設をつなぐシャトルバス「AWT BUS」

「アートウィーク東京」の特徴である、美術館やギャラリーをつなぐ無料シャトルバス「AWT BUS」の運行は今年も開催。昨年度は4ルートだった15分間隔のシャトルバスを今年は6ルートに増やし、さらに多くのアートスポットをめぐることができる。また、「アートウィーク東京」専用アプリ「AWT PASS」も登場。このアプリを乗車時に提示することで、AWT BUSが何度でも利用可能になる。参加施設やバス停の位置を確認できるマップのカスタマイズや、バスのリアルタイム位置情報も閲覧可能だ。さらに、参加美術館の入場料割引サービス、4日間の会期限定でオープンするAWT BARへの入場、オリジナルグッズがもらえるスタンプラリーへの参加、展覧会情報を含む会期中のさまざまなイベントチェックなど、アートウィーク東京を楽しむためには必須のアプリとなっている。

アンバサダーに鈴木京香が就任

鈴木京香
アートウィーク東京のアンバサダーに就任した鈴木京香

アンバサダーには、国内外の展覧会やアートフェアに足を運び、自身でも美術作品をコレクションするアートファンとして知られる俳優の鈴木京香が就任。

「海外のアートイベントに出掛けると、ギャラリー巡りの先々で大人たちが作品の感想を楽しげに話している姿を見かけ、素敵だなと感じます。私たちの街東京が、アートを介してますます華やかに活気付いて行きますよう、微力ながらお手伝いをさせていただきます」とコメント。

深まる秋の中、東京のアートシーンの実力を感じられるイベント。アプリも活用しつつ、大規模なアートフェスの空気を楽しんで。

text: Takumi Hanya、edit: Miyuki Kikuchi

【関連情報】ニューヨーク在住イラストレーターMAIKO SEMBOKUYAの【描きたい人たち】

アートウィーク東京
期間:11月3日(木)〜11月6日(日)
会場:都内51軒の美術館、インスティテューションとギャラリー、AWTインフォメーションセンター
参加美術館:都内10施設
参加ギャラリー:都内41ギャラリー
料金:ギャラリー41軒と銀座メゾンエルメス フォーラム、資生堂ギャラリーは入場無料、その他美術館8館は「アートウィーク東京」の割引価格適用
※一般チケットは無料でダウンロードできる「アートウィーク東京」専用アプリのみ
https://www.artweektokyo.com/

Recommended

Pick Up

リンクを
コピーしました