×

【心を潤すステージ・ライフ】泣いて、笑って! 今気になる、注目舞台3選!

こんな佐々木蔵之介、見たことない!
『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』

白塗りのメイクにゴールドのアクセサリー、そして髪は黄色のリーゼント——。今回、佐々木蔵之介が演じるのは、極度の節約家といえば聞こえはいいが、とにかく愛しているのはカネばかりという男・アルパゴン。とにかくダメなおやじなのだそう。

この作品の演出を手がけるのは、2017年に佐々木がその演技で賞賛を浴びた伝説の舞台『リチャード三世』以来5年ぶりに佐々木と組む、ルーマニアの鬼才、シルヴィウ・プルカレーテだ。「プルさんは人間の良いも悪いも、残酷で悲惨なものも、美しくはかなく魅せる名手です」と、佐々木もその才能に心底惚れ込んでいる。

原作となるのは、今年生誕400年となるフランスを代表する劇作家・モリエールの傑作喜劇『守銭奴』。プルカレーテ×佐々木の2度目のタッグによって、アルパゴンはどんなドケチおやじとなっていくのか……。体ごと引きずり込まれるような興奮を味わえる舞台となりそう!

舞台『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』

舞台『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』
【東京公演】2022年11月23日(水・祝)~12月11日(日) 東京芸術劇場 プレイハウス
※宮城・大阪・高知公演あり。詳細は追って発表予定。
作:モリエール
翻訳:秋山伸子
演出:シルヴィウ・プルカレーテ
出演:佐々木蔵之介、加治将樹、竹内將人、大西礼芳、天野はな、茂手木桜子、菊池銀河、安東信助、朝晴、阿南健治、手塚とおる、壤晴彦

text: Akiko Yoshida

【関連記事】狂おしいほどの愛。尾野真千子が映画『千夜、一夜』で“待つ女”を熱演
【関連記事】木村文乃×広瀬アリス 対談 ドラマ「七人の秘書」が映画になって帰ってきた

リンクを
コピーしました