×

美弥るりかのエッセイ「この秋、下北沢で買ったヴィンテージアイテム大公開!」

下北沢でショップをハシゴ

すっかりヴィンテージの世界に興味を持ってしまった私は、「やっぱり、古着と言えば下北沢だ!!」と思い、2、3日後には下北沢へ向かっていました。(何ごともハマるとすぐに知りたくなってしまう性格です。笑)

これまで下北沢を訪れたことはあったのですが、じっくり回るとこんなにもたくさんのヴィンテージショップが集まっているのか、と驚きました。

お店によって、セレクトしているジャンルが違って、それぞれの魅力がありました。

スポーティなアイテムが多いお店からドレス系のお店まで、楽しくてたくさんのお店に入りました。帽子や手袋なども数えきれないほどあり、この街で購入したアイテムでコーディネートして撮影したら楽しそうだなぁと想像したりもしていました。

そして、街にはさまざまなネオンがあったり、少しレトロなカフェがあったりと、ちょっとタイムスリップしたような気持ちで過ごしました。

最後に訪れたお店で購入したのが、赤チェックのメンズジャットです。かなりのオーバーサイズなので私が着る場合は肩を落として、ワイドパンツを履いて、かっちりとした帽子と合わせてみたいです。

赤チェックのメンズジャケット

今シーズンはほかにも気になっているブーツや帽子があるので、ふだんのコーディネートの中にサラッとヴィンテージを取り入れて、秋冬ファッションを楽しみたいと思います。

下北沢を一緒に巡った友人と。帽子屋さんで青のモコモコバケットハットも購入

ここまでお読みいただきありがとうございました。
ではまたお会いしましょう!

text&photos: Rurika Miya


【関連記事】美弥るりかのエッセイ「夏旅日記③宝塚の親友・宇月颯さんと蕎麦打ちに挑戦!」
【関連記事】美弥るりかのエッセイ「夏旅日記②わさび初心者、日本一のわさび農園でピリリ味にドキッ」

Profile

美弥るりか

みや るりか アーティスト、俳優。 2003年に男役として宝塚歌劇団に入団(89期)。男役として星組に配属後、2012年に月組へ組替え。幅広い役柄を好演し、人気と実力を兼ね備えた男役スターとして活躍。2017年『 瑠璃色の刻 』 2019年『 アンナ・カレーニナ 』で 主演を務め、2019年6月退団。退団後、ジェンダーフリーな表現者、アーティストとして舞台やライブ公演等で活躍中。著書に『Rurika is』(扶桑社) がある。 11月20日(日)~12月5日(月)、SHOW-ismⅪ『BERBER RENDEZVOUS』(ベルベル・ランデヴー)に出演予定(東京・日比谷 シアタークリエ)。詳細は下記オフィシャルサイトへ。 ◆OFFICIAL SITE https://rurikamiya.com/

Recommended

Pick Up

リンクを
コピーしました