Loading...
×

Lifestyle

美弥るりか

美弥るりかのエッセイ「この秋、下北沢で買ったヴィンテージアイテム大公開!」

元宝塚の男役のなかでも個性際立つ抜群の存在感で人気を誇った美弥(みや)るりかさんが、日々の生活のなかで大切にしていることや輝きを生み出す源について綴る「美弥るりかの暮らしのパワーチャージ」。 今回のテーマはファッション。宝塚の"オシャレ番長"として名を馳せた美弥さんが今シーズン夢中になっているスタイルとは

それは奥渋から始まった

過ごしやすい気温の日が続くようになり、秋を感じることが増えてきましたね。
夜になると寒くて、そろそろセーターを着てもいいかも⁉ と思うぐらいです。

私にとって秋と言えば、大好きなファッションを楽しむ季節。だから、毎年この時期になるのが待ち遠しいです。

前回の記事にもちらっと書いたのですが、このところヴィンテージアイテム(古着)が気になり始めました。そこで、今回は最近購入した服を紹介したいと思います。

ヴィンテージアイテムに心惹かれたきっかけは、「奥渋」と言われる渋谷の地域を歩いていた時、ふらっとセレクトショップに立ち寄ったことです。

そのお店は新しいお洋服とヴィンテージアイテムどちらもセレクトしているようで、そうとは知らずに店内に入り「かわいい!」と思って手に取ったアイテムが、Ralph Laurenのヴィンテージシャツをリメイクしたメンズのチェックシャツでした。

Ralph Laurenのリメイクヴィンテージシャツ

1枚で着たらメンズっぽくなりすぎてしまいそうなシャツの肩の部分だけカットして、シャーリングできるように袖の部分がデザインされています。秋っぽさを感じられる茶系のチェック柄も気に入って、購入を決めました!

もう1着同じお店で購入したアイテムは、昔のスキーウェアのヴィンテージです。

状態もかなりきれいで、紫や緑が交ざっているさまざまなカラーの派手さや、差し色にゴールドが入っているところもお気に入りです。デニムにもレザーにも合いそうですし、寒い時にサッと羽織ることもできるのでこの季節に活躍してくれそうです。

ヴィンテージのスキーウエア
着るとこんな感じになります

【関連記事】美弥るりかのエッセイ「パープル愛が止まらない!」

Profile

美弥るりか

みや るりか アーティスト、俳優。 2003年に男役として宝塚歌劇団に入団(89期)。男役として星組に配属後、2012年に月組へ組替え。幅広い役柄を好演し、人気と実力を兼ね備えた男役スターとして活躍。2017年『 瑠璃色の刻 』 2019年『 アンナ・カレーニナ 』で 主演を務め、2019年6月退団。退団後、ジェンダーフリーな表現者、アーティストとして舞台やライブ公演等で活躍中。著書に『Rurika is』(扶桑社) がある。 11月20日(日)~12月5日(月)、SHOW-ismⅪ『BERBER RENDEZVOUS』(ベルベル・ランデヴー)に出演予定(東京・日比谷 シアタークリエ)。詳細は下記オフィシャルサイトへ。 ◆OFFICIAL SITE https://rurikamiya.com/

Recommended

Pick Up

リンクを
コピーしました