Loading...
×

Lifestyle

【美弥るりかのエッセイ】サンリオの「はぴだんぶい」にトキメキ中♥

元宝塚の男役のなかでも個性際立つ抜群の存在感で人気を誇った美弥(みや)るりかさん。退団後も数々の演劇やステージで活躍している美弥さんが、日々の生活のなかで大切にしていること、輝きを生み出す源になっていることを紹介する「美弥るりかの暮らしのパワーチャージ」。 今回は少女の頃にハマっていた人も多いであろう、あのキャラクターグッズのお話です。

今度は”お騒がせ女優”です

気温の変化が激しい日々が続いていますね。
夜の帰り道には肌寒さも感じ、ジンジャー入りのホットドリンクやホットコーヒーなどが恋しくなってきました。

私は11月20日から日比谷にあるシアタークリエにて上演される「SHOW-ismⅪ ショー・プレイ『BERBER RENDEZVOUS』(ベルベル・ランデヴー)」のお稽古が開始され、振り付けや難しい譜面と格闘する日々です。

『BERBER RENDEZVOUS』は11月20日~12月5日、日比谷シアタークリエで上演

突然、砂漠に集められた各国の女優たちが、自分たちで映画を撮らなくていけないというところからお話はスタートします。宝塚時代に星組でご一緒させていただいていた柚希礼音(ゆずきれおん)さんとは、「仲の悪い関係性の2人」という役柄で、新鮮に感じていただけると思います。また、私は「破天荒なお騒がせ女優」という今までになかった役どころなので、新たな挑戦がたくさんあります。

ショーと芝居の融合を皆さまに楽しんでいただけるよう、初日に向けて頑張って作り上げてまいりますので、ぜひ劇場に来てくださいね!

星組時代ご一緒した柚希礼音さん(左)と共演します! Photo by Leslie Kee

【関連記事】美弥るりかのエッセイ「夏旅日記③宝塚の親友・宇月颯さんと蕎麦打ちに挑戦!」

Profile

美弥るりか

みや るりか アーティスト、俳優。 2003年に男役として宝塚歌劇団に入団(89期)。男役として星組に配属後、2012年に月組へ組替え。幅広い役柄を好演し、人気と実力を兼ね備えた男役スターとして活躍。2017年『 瑠璃色の刻 』 2019年『 アンナ・カレーニナ 』で 主演を務め、2019年6月退団。退団後、ジェンダーフリーな表現者、アーティストとして舞台やライブ公演等で活躍中。著書に『Rurika is』(扶桑社) がある。 11月20日(日)~12月5日(月)、SHOW-ismⅪ『BERBER RENDEZVOUS』(ベルベル・ランデヴー)に出演予定(東京・日比谷 シアタークリエ)。詳細は下記オフィシャルサイトへ。
◆OFFICIAL SITE https://rurikamiya.com/

Recommended

Pick Up

リンクを
コピーしました