×

美弥るりかのエッセイ「夏旅日記③宝塚の親友・宇月颯さんと蕎麦打ちに挑戦!」

完成した麺は、お蕎麦というより……

絶妙なお水の配合やこねる時の力加減、生地を延ばしていく時の調整、などなど、素人にはわからないことだらけでした。

ですが、だんだん慣れてくると、無心になって生地と向き合えるようになりました。大自然の中にある”そばハウス”の中で蕎麦打ちを楽しみ、日常生活の中ではできない体験をする、とてもよい時間になりました。

残念ながら、切ることも私にはなかなか難しく、お蕎麦なのにフィットチーネのような平たい麺に……汗
友人の宇月さんは、何もかも上手くて私とは比べ物にならないぐらい美しい仕上がりでした。

宇月颯 美弥るりか そばハウス安曇野 蕎麦打ち
美弥るりか 宇月颯 そばハウス安曇野
美弥るりか 宇月颯 そばハウス安曇野
教えてくださる方のお力を借りながら何とか完成‼
美弥るりか 宇月颯 蕎麦打ち
右が宇月さんの美しいお蕎麦。左が私のお蕎麦

そして、それぞれ自分で打ったお蕎麦を夕食でいただきましたがとても美味しい‼
水も美味しい地域だからこそ味わえる味でした。

今回はガタガタな麺のお蕎麦になってしまいましたが、次回こそは頑張りたいと思います。
私生活でも料理を始めて1年ほどなので、まだまだ美味しいご飯への道のりは遠いぞ! と思った美弥るりかでした。

美弥るりか そばハウス安曇野 そば打ち
自分で打ったお蕎麦を夕食でいただきました

今回の記事で、夏の小旅行日記は終わりです。今年、皆さまはどんな夏を過ごされましたか?

少しずつですが海外へ行かれる方も増えてきましたね。2019年のアメリカを最後に海外へは行けていないので、そろそろ空の旅もいいなと思っています。ファッションを楽しむためにヨーロッパも気になりますし、美味しいものを食べにアジアもいいな、などいろいろな想像をして楽しんでいます。

また、どこかに旅した時は、こちらにも書かせていただきますね。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

text&photo by Rurika Miya

【関連記事】「心のままに行くひとり旅in鹿児島①」
【関連記事】京都の夏グルメ・地元で人気の冷麺、ざるそば、冷やしうどん

Profile

美弥るりか

みや るりか アーティスト、俳優。 2003年に男役として宝塚歌劇団に入団(89期)。幅広い役柄を好演し、人気と実力を兼ね備えた男役スターとして活躍。主な出演作品は『ロミオとジュリエット』マーキューシオ役、『ME AND MY GIRL』ジャッキー役、『1789—バスティーユの恋人たち』シャルル・アルトワ役、『グランドホテル』オットー・クリンゲライン役、『雨に唄えば』コズモ・ブラウン役や『エリザベート』フランツ・ヨーゼフ役など。17年『瑠璃色の刻』、19年『アンナ・カレーニナ』で主演を務め、同年6月宝塚歌劇団退団。退団公演の千秋楽では トップスター以外では異例となる”サヨナラショー” も開催された。退団後、ジェンダーフリーな表現者、アーティストとして舞台やライブ公演等で活躍中。著書に『Rurika is』(扶桑社) がある。 ビルボードライブ公演「美弥るりか Billboard Live 2022」が9月27日(火)・29日(木)(両日とも横浜)、10月5日(水)・6日(木)(両日とも大阪)に行われる。詳細は下記オフィシャルサイトへ。 ◆OFFICIAL SITE https://rurikamiya.com/ ◆Instagram https://www.instagram.com/rurika_miya_official/ ◆Twitter https://twitter.com/MiyaRurikaStaff ◆YouTube https://www.youtube.com/channel/UCdKbeu-bhEBlhpoNOaL_o5A

Recommended

Pick Up

リンクを
コピーしました