×
''

Lifestyle

ベルギー・リエージュに行ったら食べたいワッフルとは

海外に暮らすマリクレ読者から届いた現地のとっておき情報をお届け! ドイツ在住の西村僚子さんによるベルギープチ旅行記の続編はベルギーを代表するあのスイーツが登場

超モダンな駅から、お目当ての店へ

デュルビュイを後にした私たちが向かったのは、ベルギー第5の都市といわれるリエージュです。リエージュで開催される『BEER LOVERS MARATHON』大会に夫がエントリーしていたので、早朝から移動を開始しました。

到着してまず驚いたのは、リエージュ=ギュマン駅の超モダンな美しさでした。思わず、写真を撮らずにはいられない、素晴らしい駅でした。

2009年に完成したリエージュ=ギュマン駅。スペインの建築家サンティアゴ・カラトラバが設計した
まるでスタジアムのような壮大な駅

さて、ベルギーと聞いて思い浮かぶものといえば、ビール、チョコレート、ワッフルではないでしょうか。

ちなみに本場のベルギーワッフルには「ブリュッセル風」と「リエージュ風」の2種類があることをご存知ですか?「ブリュッセル風ワッフル」は長方形で外がさっくり、中がふわふわ。チョコレートソースやバニラアイスを添えて、カフェでゆっくりいただくのがおすすめです。一方の「リエージュ風ワッフル」は日本でもよく見る丸い形で生地にしっかり味がついているもの。そのままテイクアウトして気軽に食べるのがいいんです!

リエージュでワッフルといえば、「Pollux(ポルックス)」です。

お店のオープン時刻に着いた私たち。私はシナモン味、夫はバニラ味を購入して、目の前にある聖ポール大聖堂を観ながら、ワッフルを頬張りました。

ご当地で食べるリエージュ風ワッフル
ポルックス(写真右の人が集まっているところ)に行くなら大聖堂を目指すのが正解

大聖堂はリエージュを代表する歴史的な建造物で、観光に欠かせないスポットの一つです。2015年9月に修復されたというステンドグラスは一見の価値あり。今回は時間がなかったので、次の機会にはゆっくりと大聖堂の中も見てみたいです。

【関連記事】ヨーロッパの最も美しい田舎町、ベルギー・デュルビュイへ
【関連記事】ベルギーのチョコレートショップ「ブノワ・ニナン」でときめく

Pollux(ポルックス) 所在地:Place de la Cathedrale 2, Liege 4000, Belgium Facebook: https://www.facebook.com/pages/Pollux/414076848712784/

Profile

西村僚子

にしむらともこ 兵庫県神戸市出身。大学卒業後、株式会社ジェーシービーに入社。その後、マナーセミナー講師などを経て、株式会社MOMO Style を立ち上げる。現在は、女性の起業コンサルティング・副業支援や起業プロデューサーとして活動する。9年前より夫の仕事の関係で、ドイツ・デュッセルドルフ在住。日本人の駐在者向けにワインセミナーや試飲イベントを開催しながら、ヨーロッパのワインやオリーブオイルなどを紹介、販売している。日本ソムリエ協会ワインエキスパート https://ameblo.jp/princesslifeacademy/

Recommend

Pick Up

リンクを
コピーしました