Loading...
×

Feature

©︎Karwai Tang/Getty Images

ジョージ王子、制服のネクタイに悪戦苦闘⁈ キャサリン妃が結び方を指南

喪に服す期間が終わり、公務に復帰したウィリアム皇太子とキャサリン妃。初公務では、ウェールズを訪問し、ジョージ王子の近況を語った。

ネクタイの結び方を習得中のジョージ王子

エリザベス女王の国葬を終え、9月27日に喪明けの初公務としてウェールズを訪ねたウィリアム皇太子とキャサリン妃。2人の称号がプリンス・オブ・ウェールズとプリンセス・オブ・ウェールズに変更になってから初めての訪問となった。

この日、視察に訪れた海での救命活動を行うボランティア組織、RNLI(王立救命艇協会)のライフボートステーションで地元の少年から花束を贈られたキャサリン妃。その際に男の子に「ネクタイは自分で結んでいますか?」と尋ねたとか。自分で結べると答えた少年を「よくできました!」と称賛。さらに「ジョージが学校でネクタイを締めないといけなくなったから、私が教えているのよ。あなたのネクタイはとても上手に結べているわね」と声を掛けた。

キャサリン妃 ウィリアム皇太子
RNLIでの公務で、少年とネクタイについて会話をするウィリアム皇太子とキャサリン妃。©︎WPA Pool / Getty Images

ウィリアム皇太子の自宅ではスーツ禁止⁈

ジョージ王子がネクタイの結び方を習得中である一方、ウィリアム皇太子は側近として働くスタッフたちに、服装についてとあるお達しを出したとか。これまでも、王室の伝統では複数のベビーシッターを雇うところ、1人だけに絞るなど、独自の子育てを展開してきたウィリアム皇太子とキャサリン妃。英国王室の伝記作家、バレンタイン・ロウ氏が執筆した新刊『Courtiers:The Hidden Power Behind the Crown』によると、ウィリアム皇太子は彼らの私邸で働くスタッフたちにスーツを着ないようにとお願いしているそう。

それは、夫妻がジョージ王子、シャーロット王女、そしてルイ王子にできるだけ“普通”の子供時代を送らせてあげたいと願っているから。あるスタッフはロウ氏に「皇太子はカジュアルであることを望んでおられます。子供たちがオフィス内を走り回るので、堅苦しいムードにならないようにとお考えのようです。重要な会議やバッキンガム宮殿に出向くときは、各自スーツに着替えます」と明かしている。

そもそもはカジュアルフライデーから始まり、現在では、ほぼいつもカジュアルでOK。ウィリアム皇太子は「ここは私たち家族が暮らしている家なので、重要な会議以外はカジュアルな服装でいるように」とのオーダーを徹底しているようだ。

【関連記事】ジョージ王子とシャーロット王女、女王の国葬に参列。ルイ王子はその時……
【関連記事】キャサリン妃、メーガン妃、そしてシャーロット王女も。ジュエリーに込めた亡き女王への想い

関連情報

Recommended

Pick Up

リンクを
コピーしました