Loading...
×

Feature

©️Pool/Samir Hussein/Getty Images

雲隠れメーガン妃。100日以上姿を見せずに専念していたこととは?

華やかな場所でスポットライトを浴びることが大好きなメーガン妃。ところが、最近では、ヘンリー王子単独のお出ましも増え、いつも傍にいたメーガン妃の姿が見えないことに「何か隠しごとがあるのでは?」とマスコミたちも注目している様子。しかしながら、メーガン妃は変わらず、お忙しい日々をお過ごしのようで……。

特別賞を受賞し、久しぶりに公の場に登場

先月末、久々に公の場にその姿を表したメーガン妃。人種的偏見と差別の撤廃、そして非白人の社会的、経済的地位の向上のための活動を行なっている団体、NAACP(全米有色人種地位向上協議会)が主催するイメージアワードで特別賞に当たるプレジデント賞を受賞。その授賞式にヘンリー王子と揃って出席した。

この投稿をInstagramで見る

Archewell(@foundation.archewell)がシェアした投稿

そして、その週末、彼らが住むカルフォルニア州サンタバーバラでヘンリー王子の従姉妹、ユージェニー王女とその夫、ジャック・ブルックスバンクと共に4人で食事を楽しむ姿がパパラッチされた。もっともそれ以前の102日間、メーガン妃は全く公の場に現れず、その姿を誰も見ることはなかった。

「メーガン妃とハリー王子が目立ちたくなさそうにしていたのは明らかでした」とは、このカップルのダブルデートを目撃した人が英国の雑誌『OK!』の取材で語ったコメントだ。さらに2月13日に開催されたスーパーボウルの試合でもハリー王子と一緒に観戦していたのがメーガン妃ではなくユージェニー王女だったことも世間を騒がせた。とある情報筋は「試合をしたロサンゼルス・ラムズはメーガン妃のホームチームです。その試合をユージェニー王女に譲り、家族の絆を深めるように促したでしょう」。

英国にいた時もスポーツを度々一緒に観戦していたヘンリー王子と従姉妹のユージェニー王女©️Pascal Le Segretain/Getty Images

【関連記事】ウィリアム王子夫妻、そしてヘンリー王子夫妻もウクライナ支持を表明

寛げる自宅で母、妻、そしてビジネスウーマンとして働き詰め⁈

メーガン妃が姿を現さないからと言って、彼女はのんびり過ごしている訳ではなさそうだ。Netflixやスポティファイとの大型契約に加え、自身が運営するチャリティー財団「アーチウェル」の活動など、仕事面では多忙を極めているご様子。その上、長男アーチーと長女リリーの子育てにも翻弄し、「メーガン妃は朝から晩まで働き詰め。Netflixなどとの契約金は巨額だからこそ、膨大な責任が伴います。メーガン妃はそれをしっかり認識している」と関係者は話す。さらに「メーガン妃は家庭内でさまざまなことをこなしています。強固なセキュリティに守られたモンテシートの自宅で家族と過ごすのが何よりも幸せなのです。もちろん、個人的にも仕事でも必要とあれば姿を現すはず」。ただ、突然、公の場から消えたメーガン妃について、「何か隠しているのでは?」と話題になっていることは確かだ。

【関連記事】ヘンリー王子とメーガン妃がついに第2子リリベットの姿を公開!お兄ちゃんアーチーの可愛さも必見

関連情報
  • This article was published marieclaire.com


    translation: Tomoko Kawakami


     

Recommended

Pick Up

リンクを
コピーしました