Loading...
×

Feature

性的虐待で告発されていた英アンドルー王子。©️AFP/Aflo

英アンドルー王子、性的虐待訴訟で和解 原告側に多額の寄付

性的虐待で逮捕され、その後自殺した米富豪のジェフリー・エプスタインや英国のソーシャライト、ギレーヌ・マックスウェルとの関係で長らく物議を醸していた英国のアンドルー王子。当時17歳だった女性に性的虐待を行ったとして訴えられていた王子の存在は、今年在位70年を迎えるエリザベス女王にとっても頭痛の種だったはず。その性的虐待裁判が2月15日、和解金と多額の寄付をすることで、示談に至った。

米富豪のジェフリー・エプスタイン被告(故人)による性的虐待事件に絡み、当時17歳だった米女性ヴァージニア・ジュフリーさんから性的虐待を受けたと告発されている英国のアンドルー王子。その裁判で、示談が成立したことが明らかになった。この一件では、一貫して「ヴァーニアには会った記憶はない」と説明していたアンドルー王子だが、すでに王室の称号は返上し、軍や慈善団体での役職も失っている。

そんな中、審理が行われていたニューヨークの現地時間2月15日に、アンドルー王子とジュフリーさんが和解に至ったことが発表された。「Sky News」によるとジュフリーさんとアンドルー王子の弁護士が共同で「ジュフリーさんとアンドルー王子は、法廷外で和解に達した。ジュフリーさんが和解金を受け取り次第、控訴を取り下げる予定」との声明を発表した。さらには「アンドルー王子は、ジュフリーさんの人格を傷つける意図はなく、彼女が虐待の被害者として、また不当な世間の攻撃の結果、長らく苦しんできたことも真摯に受け止めている」とコメントした。

【関連記事】キャサリン妃、英国陸軍の連隊長として歴史に名を刻む⁈

性的人身売買と戦い、犠牲者への支援を続けたい

2019年にマンハッタンの連邦裁判所に登場したヴァージニア・ジュフリーさん。©️Kevin C. Downs/redux/Aflo

今回、ジュフリーさんへの和解金に加え、被害者の権利を支援するためにジュフリーさんが設立した慈善団体に、アンドルー王子が多額の寄付を予定していることも明らかになった。ジェフリー・エプスタインが長年に渡り、多くの少女を売買し、性的搾取を行なっていたことはすでに周知の事実。アンドルー王子は、ジュフリーさんら他の被害者たちが自分自身や他の女性のために立ち上がった勇気を称えている、とも伝えられた。

今後、アンドルー王子は、性的人身売買と戦い、その犠牲者たちを支援することによって、エプスタインとの関わりを持ったことへの後悔の念を明らかにしていきたいと発言している。今後のアンドルー王子の動向に注目したい。

【関連記事】英ベアトリス王女が女の子出産で、異例のメッセージを発信⁉︎

関連情報
  • translation: Tomoko Kawakami


     

Recommend

Pick Up

リンクを
コピーしました