Loading...
×

Fashion

初のハイジュエリー発表から90周年を記念したシャネルの「コレクション 1932」

マドモアゼル シャネルが初のハイジュエリー コレクションを発表したのは1932年。その誕生から今年で90周年を迎えたことを記念し、「シャネル」からハイジュエリー「コレクション 1932」が登場する。その第一弾として、壮麗な1点もののネックレスが発表された。

「シャネル」のハイジュエリー コレクション誕生から現代に至るストーリーが動画で公開

コメット、月、太陽、3つのシンボルを調和させたハイジュエリー

90年前、マドモアゼル シャネルは生涯最初で唯一となるハイジュエリー コレクション 「Bijoux de Diamants(ダイヤモンド ジュエリー)」を発表した。それまでコレクションという考え方が存在しなかったジュエリー界においても、世界初となるハイジュエリー コレクションだった。「シャネル」は、その「Bijoux de Diamants(ダイヤモンド ジュエリー)」からインスピレーションを得て、誕生90周年を記念する新しいハイジュエリー「コレクション 1932」を発表する。

「コレクション 1932」は、惑星の回転と星々の動きを見つめるための空間と時を超えた旅をイメージ。デザインを手がけたシャネル ジュエリー クリエイション スタジオ ディレクターのパトリス・ルゲローは、伝説的なオリジナルコレクションから、天体というテーマ、無駄をそぎ落としたライン、身体の動きやすさを今回のコレクションに継承した。「私は“コレクション 1932”のエッセンスに立ち返り、コメット、月、太陽という3つのシンボルをとりまくメッセージを調和させたいと考えました。あらゆる天体のモチーフは、 自らの光で輝いています」。

最新作では、「シャネル」のアイコンであるコメット(彗星)に加え、オリジナルコレクションでは1点のジュエリーでしか表現されていなかった月が三日月から満月に姿を変えて表現され、さらに太陽のモチーフも加わり、グラフィカルな輝きを発している。

また、身体の動きのランダムなリズムに合わせた、生き生きとしたデザインも特徴。形を変えられるジュエリーもあり、肌の上に巻き付けたり、散りばめたりすることで、身体を豊かな天体のモチーフで包み込む。しなやかな構造で、着け心地がよく、女性たちは皆、自分らしい方法でジュエリーを肌にまとうことができる。

オリジナルコレクションのほとんどすべてがシンプルにダイヤモンドで作られているのに対して、「コレクション 1932」は、夜空のようなブルーサファイア、太陽の炎のようなイエローダイヤモンド、銀河のように密度の高いオパール、生命力にあふれたルビー、夜明けのような光を放つスピネル、空の色のタンザナイトなど、多彩な色のジェムストーンが用いられ、さらに存在感を引き立てているのも特徴。このハイジュエリー コレクションは今後段階的に発表され、7月には壮観な全81点から成るコレクションの全容が明かされる予定だ

90周年を記念するシンボリックなネックレス

90周年を記念した「コレクション 1932」のネックレス“アリュール セレスト”

その第一弾としてこのほど発表されたのが、象徴的なネックレス“アリュール セレスト”。広大な空で星たちが放ち、それらを結びつける光の旅に誘うかのような神秘的なデザインに魅せられるマスターピースだ。ラウンドカットのダイヤモンドに囲まれて、極めて大きな55.55 カラットの深く鮮やかなオーバルカットのブルーサファイア、そして8.05カラットのペアシェイプカットダイヤモンドが、これ以上ないほどの輝きを放っている。形を変えられるこのジュエリーにあしらわれたコメット、太陽、月の光輪は、いずれも取り外すとブローチに、中央で連なるダイヤモンドはブレスレットになり、また、ネックレスは長さを短くすることもできる。女性たちを星座で飾りたいと願ったマドモアゼル シャネルが 1932年に作り上げたジュエリーへオマージュを捧げているという。

シャネル ジュエリー クリエイション スタジオ ディレクターのパトリス・ルゲローによるネックレス“アリュール セレスト”のイラスト
「シャネル」ならではのクリエイティビティとサヴォアフェール(匠の技)が、このネックレスに凝縮

シャネルのハイジュエリー コレクション誕生のストーリー

マドモアゼル シャネルが初のハイジュエリーコレクションを発表した1932年。それまでの3年間は、1929年に起きたブラックサーズデーによって、世界は大恐慌の時代へと突入し、景気停滞とインフレにより陰鬱な時代が続いていた。そんな時、ロンドン ダイヤモンド商業組合がダイヤモンドマーケットの復興を目指し、ダイヤモンドに新しい命を吹き込む救世主として選んだのがマドモアゼル シャネル。その依頼を受け入れ、彼女は、初のハイジュエリー コレクション「Bijoux de Diamants(ダイヤモンド ジュエリー)」を作り上げる。

ヴァンドーム広場を臨むホテル リッツパリのバルコニーに佇むマドモアゼル シャネルのポートレート

シルエットに焦点を当て、ダイヤモンドをシンプルに際立たせ、オートクチュールの原理をハイジュエリーに取り入れたのもマドモアゼルが初めてだった。形を変えられて、装いの仕上げに自由に着けられるジュエリーは、当時のジュエラーが作り上げたものとは全く異なるもの。女性クチュリエールにダイヤモンド市場の復興を託したそのセンセーショナルなコレクションの発表は、“シャネル事件”としてヴァンドーム広場のジュエラーたちに衝撃を与え、その制作を阻止しようとする騒動まで引き起こしたほどだ。

こうしてジュエリーの限界を押し広げたことは、マドモアゼル シャネルの大きな功績のひとつとなった。当時のマドモアゼルの言葉からもその強い意志が感じ取れる。「私のジュエリーが、女性の思いやそのドレスと相容れなくなることは絶対にありません。 私がデザインしたジュエリーが形を変えられるのは、ドレスも変化するから」

唯一現存する1932年製作のコメットのブローチ。マドモアゼル シャネルが幼少期を過ごしたオバジーヌ修道院の回廊の敷石にも見られた天体のモチーフは、現在もシンボリックなテーマとして受け継がれている

革新的な内覧会でコレクションを披露

「Bijoux de Diamants(ダイヤモンド ジュエリー)」は、発表の仕方にも斬新なアイデアが凝らされていた。1932年11月7日から19日にかけて、ジュエリーはフォーブル サントノーレにあったマドモアゼルの自宅でこれまでにない形で展示され、その2日前には内覧会が開かれた。世界各国の記者たちや上流階級の人々が押し寄せ、そこには、ジャン・コクトーやパブロ・ピカソ、グロリア・スワンソンなどが集ったという。プレスキットの製作にもジャン・コクトー、イラストレーターのクリスチャン・ベラール、のちにフランス映画の巨匠となるロベール・ブレッソンら当時の芸術家たちが集結し、協力を惜しまなかった。

ジャン・コクトーによる手書きの原稿も含まれていた展示会のプレスキット。
黒と白のサンセリフ体で印刷された招待状。20フランの入場料は2つの慈善団体、マリー アントワネットの庇護の下、1784年に設立された「Société de la Charité Maternelle de Paris」で、当時アカデミーフランセーズのモーリス ドネーが統括していた「Assistance Privée à la Classe Moyenne(中流階級私設支援団体)」に寄付された。
実物に近い蝋の胸像にジュエリーをディスプレイし、あらゆる角度からクリエイションが見えるように工夫された当時の展示風景

マドモアゼル シャネルが生涯最初にして唯一発表した、ドラマティックなハイジュエリー コレクションの世界。1世紀近くを経た今なお色褪せないその魅力が、今年は改めてクローズアップされ、さらに進化を遂げて、私たちに驚きと感動をもたらしてくれるはずだ。

【関連記事】BLACKPINKのジェニーが纏う、シャネルのアイコンジュエリー「ココ クラッシュ」最新作

お問い合わせ先

シャネル カスタマーケア/0120-525-519

関連情報

Recommend

Pick Up

リンクを
コピーしました