×

ENHYPEN、京セラドーム公演直前インタビュー!メンバーが語るライブの注目ポイントは?

昨年はツアーや授賞式で日本に滞在している期間が長かったと思います。日本滞在中、印象に残っていることや楽しかったことなど、エピソードを教えてください。

JUNGWON:日本に来て、ラーメンを食べに出かけました。その後、メンバーと一緒に1時間くらい街を歩いたのですが、日本の空気がとても気持ちいいなと感じました。

HEESEUNG:日本の文化が昔から好きでした。日本の風景や静かな雰囲気も好きです。日本の風景を目に焼き付けたいと思い、写真をたくさん撮りました。情緒的で、さまざまなインスピレーションを与えてくれる日本が大好きです。

JAY:昔から日本語を勉強しているのですが、滞在中のさまざまなシチュエーションで日本語を使うことができました。わからない言葉や苦手な言葉を学び直すことができたし、何が足りないのか改めて知ることができてよかったです。

SUNGHOON:スケジュールの後にショッピングへ出かけて、おしゃれな服をゲットすることができました。日本は、おしゃれな服がとても多いと思いました。

日本でおいしかった食べものは何ですか?

JAKE:日本の料理が大好きです! スケジュールをこなした後、いろいろな日本料理を食べに出かけましたが、どれも美味しかったです。

SUNOO:日本に来るたびにコンビニに行くのですが、食べ物が全部おいしいです。毎回おいしいものをリサーチしているのですが、特にプリンが大好きです♡

NI-KI:前回は日本の3都市を訪れましたが、名古屋の手羽先やその他にも現地のおいしい食べ物をメンバーに教えられてうれしかったです。今回の滞在も楽しく幸せな思い出を作りたいと思います。

今年の目標を教えてください。

NI-KI:コロナ禍でENGENEに会えなかった分、今年はもっとたくさんの方に会いたいです。そして、さらに大きなステージに立てるように頑張ります。

JUNGWON:ドームという大きな舞台に立ち、本当に気持ちよく新しい年のスタートが切れてうれしいです。これを皮切りに、いろんな素晴らしい活動をしていきたいと思います。

HEESEUNG:歌手という夢を持ち始めた頃から、ドームに立つことが夢でした。夢をかなえてくれたENGENEに感謝の気持ちを伝えたいです。今年はさらに大事な一年になるので、新しい夢を決めたいと思います。グループとして、さらに高みを目指すために、緊張感をもって前進し、もっと情熱的にいろんなことにチャレンジしたいです。楽しみにしていてください。

JAY:ドームという大きな舞台に立たせてくれたENGENEに感謝しています。今年は、ドームでパフォーマンスをするアーティストとしてふさわしい姿勢と実力を持ったグループだということを証明できるような1年にしたいです。現状に満足せず、絶えずベストを尽くし、毎日を過ごしたいと思います。

JAKE:今年はファンの皆さんの前で、昨年よりもたくさんステージを披露できるチャンスがあると思うので、楽しみにしています。素晴らしいステージをお見せできるように努力しますので、期待して待っていてください。

SUNGHOON:明日控えているドーム公演を成功させることが一番最初の目標です。今回のコンサートから今年行われる全ての活動を通して、さらに成長できるよう努力したいです。

SUNOO:今年のスタートをこのように大きな舞台から始めることができて本当に感謝しています。今年もたくさんの舞台に立って、ファンの皆さんに会いたいです。今後、新しい作品をお届けしたいと思っていますので、その時には、さらに素晴らしい姿をお見せしたいです。

ENGENEにメッセージをお願いします。

JUNGWON:ツアーを通して、たくさんのENGENEの皆さんに会うことができました。まだ会ったことがない方もたくさんいますので、これからもっと多くのENGENEに会いたいです。私たちは、まだ至らないところが多いのですが、みなさんに支えられ、たくさんの歓声にパワーをもらいながら、頑張っています。もっともっと頑張って、大きな恩返しをしたいです。素晴らしい姿をお見せしたいと思いますので、これからも応援よろしくお願いいたします!!

ENHYPEN メンバー

〈上・左から〉JUNGWON(ジョンウォン)、HEESEUNG(ヒスン)、JAY(ジェイ)、JAKE(ジェイク)〈下・左から〉SUNGHOON(ソンフン)、SUNOO(ソヌ)、NI-KI(ニキ)

photos: (P)&(C) BELIFT LAB Inc. / edit&text: Miyuka Abe

【関連記事】K-POPベスト・アルバム2022発表! デビュー作から伝説のカムバまで1年間を総まとめ

【関連記事】NewJeansからLE SSERAFIM、&TEAMまで。脱BTS依存を図るHYBEの新たな仕掛けとは?

【関連記事】待望の少女時代 最新アルバム『FOREVER1』全10曲をレビュー!

Recommended

Pick Up

Ranking

リンクを
コピーしました