×

Lifestyle

文化財建築の魅力を再発見! 「ホテル雅叙園東京」館内にある東京都指定有形文化財の見学会

日本美のミュージアムホテル「ホテル雅叙園東京」が、12月3日(土)から25日(日)までの期間限定で、館内に有する東京都指定有形文化財「百段階段」の「冬の見学会 百段百景 2022〜建物×美術×伝承の物語〜」を開催。オンライン事前予約で、専任ガイドによる文化財ツアーにも参加可能。

90年以上の伝統を受け継ぎ、2500点もの日本画や美術工芸品に彩られたミュージアムホテル「ホテル雅叙園東京」。東京都指定有形文化財「百段階段」は、1935年に旧目黒雅叙園の3号館として建築されたもの。目黒雅叙園は1988年から3年間かけて大規模な改修工事を実施したが、「百段階段」は建て替えの対象にならなかったため、ホテル内で唯一残る木造建築だ。

本見学会では、樹齢300年の檜や珍しい南米材が使用された床柱、くぎや接着剤を使わずに作られた組子障子、螺鈿(らでん)、天井の七宝細工など、大工や画家、職人などあらゆる分野の超絶技巧が宿った建築の美を堪能できる。

また、畳に座って周りを見渡してみるのもおすすめ。低い位置から見上げることで天井画の迫力が増したり、足元の細かい細工に気づいたりするなど、新たな発見につながるはずだ。

趣向の異なる七つの会場には音声ガイダンスが流れ、会場の特徴やエピソード、手掛けた芸術家などを紹介。オンラインで事前予約をすると、専任ガイドによる文化財ツアーにも参加できる。

アートと融合した企画展が多い中、日本画や美術工芸品、建具などもありのままの姿で堪能できる本展覧会は貴重な機会。料亭だった当時の客人の様子を想像しながら、タイムスリップする感覚を味わって。

text:Tomoe Tamura

【関連記事】知っているようで知らないブランド秘話【名品モノガタリ】vol.1 「CH24(Yチェア)」
【関連記事】パリのクリスマス・イルミネーションスタート! 老舗の店頭にはナオミ・キャンベルら登場

関連情報
  • 「冬の見学会 百段百景 2022〜建物×美術×伝承の物語〜」
    期間:2022年12月3日(土)〜12月25日(日)
    時間:12:30〜18:00(最終入館 17:30)
    会場:ホテル雅叙園東京 東京都指定有形文化財「百段階段」
    料金:当日券 ¥1,200、学生 ¥600(要学生証提示)、未就学児無料
    特別前売り券:¥1,000 ※12月2日(金)まで(館内販売は16:30まで)
    販売:ホテル雅叙園東京(一般入場券)、公式オンラインチケット(一般入場券、グッズ付き)
    オンライン限定入場券:文化財ガイドブック付き(数量限定)¥1,300、企画展「百段雛まつり」10th ANNIVERSARY 図録付き ¥2,200、螺鈿箸付き ¥3,500、文化財ガイド付き・日時指定(定員・事前予約制)¥1,200 ※日本語ガイドのみ、時間は12:30/14:00/5:30/17:00 各回約50分、ご予約時間の10分前までにご入場をお願いいたします。
    https://www.hotelgajoen-tokyo.com/100event/tour2022

Recommended

Pick Up

リンクを
コピーしました