Loading...
×

Lifestyle

真如堂と桜

京都の桜・美しい写真が撮れる穴場スポット【町家宿おかみの、たびする京都くらす京都。】

京都・洛北、紫野にある町家宿「karigane(かりがね)」を夫とともに営む下岡莉香さんが、地元ならではの旬な京都をご紹介。いよいよ春分、桜も見頃を迎えます。花見の激戦区・京都は多くの人でにぎわうこと必至。そこで今回は、ゆっくり花を愛でられ、なおかつ写真映えもバッチリの極上スポットを教えてもらいました

混雑を避けて絶景を味わうなら

早いもので今年も春分、いよいよ桜シーズンが本格的に到来ですね。

京都の桜を楽しみたいけれど、混雑は避けたいな。なんてお考えの方に、私たちがおすすめする、京都の桜の穴場スポットをご紹介します。

真如堂金戒光明寺

金戒光明寺

こちらは南禅寺~哲学の路~銀閣寺をめぐる大人気の観光ルートを西側にはずれた、おもに”くろ谷”と呼ばれるエリアです。

金戒光明寺は、浄土宗の法然さんが最初に草庵を結ばれた場所として、あるいは新選組発祥の地としても有名です。1863 年に建てられたという山門付近の桜が見所。深みのある重厚な山門の黒と、艶やかで 軽やかな桜のピンクが、その美しさを互いに引き立て合います。

金戒光明寺に隣接するのが真如堂。真如堂は 1000 年以上の歴史をもち、とくに女性守護のお寺として貴族を中心に信仰を集めたお寺です。境内には三重塔をはじめ、歴史を感じる建築がたくさん残っています。桜とお堂、桜と土壁、桜と三重塔など、京都らしい桜の写真を撮るのにうってつけのロケーションです。

近隣には他にも、宗忠神社や竹中稲荷神社といった桜の穴場スポットがございます。ぜひカメラをもって散策 なさってください。

本法寺・水火天満宮

本法寺

場所は移って京都御苑の北西エリア、小川通り近辺にある本法寺、水火天満宮をご紹介します。 本法寺は、琳派に影響を与えた本阿弥光悦や、後に国宝指定される名画を数多く残す長谷川等伯など、歴史的 な日本の芸術家と深い縁で結ばれたお寺です。

境内には本堂、多宝塔、仁王門など趣深い建物が残っているため、 しっとりとした和の空間で桜を楽しむことができます。

水火天満宮

本法寺の北にある水火天満宮は、もともと災害から京都を守るために建てられた神社。大きな神社ではありませんが、だからこそ、日本のエッセンスが凝縮した境内になっています。境内の真ん中で、立派なシダレザクラが花を咲かせるのですが、その姿はまるで着物姿の女性が花傘を広げたよう。慎ましやかながらも雅な景色で、 本当は秘密にしておきたい私たちのお気に入りです。

カメラをもって旅すると、「美しい景色を撮ろう」という気持ちからか、感受性のセンサーがより敏感になる気がしませんか? 自分だけの桜を探しに、京都へお越しください。

撮影・構成:下岡広志郎

【関連記事】桜シーズン到来を告げる京都の桜3選
【関連記事】早春の京都で梅を愛でるならこの3名所へ
【関連記事】全身で春を感じる「世界らん展2022」。滝藤賢一が選んだマニア目線のイチオシ植物も

Profile

下岡莉香

しもおかりか 大阪府出身。奈良女子大学卒業後、繊維商社で生地輸出を担当。より活躍できる場を求めて退社後、夫婦で1年5ヵ月44ヵ国世界一周の旅へ。日本文化の奥深さに目覚め、町家一棟貸しの宿kariganeを開業。一児の母。 karigane公式HP:https://rokushou.net/karigane/ Instagram:https://www.instagram.com/karigane.kyoto/?hl=ja

Recommended

Pick Up

リンクを
コピーしました