Loading...
×

Lifestyle

©Renee Kemps

ベルサイユ宮殿の超豪華ホテルで、アラン・デュカス監修の絶品料理を味わう!

フランスの歴史を語るうえで欠かせない場所、ヴェルサイユ宮殿。その広大な敷地内にあった歴史的建造物「ル・グラン・コントロール」が、数年間の工事を経て、2021年6月にホテル「Chateau de Versailles Le Grand Control(シャトー ドゥ ヴェルサイユ ル グラン コントロール)」として生まれ変わった。ホテル内にはフレンチの名シェフが監修したレストランもあり、人気を博しているとか。パリ在住のコーディネーター茂田栄子さんが、お城での優雅なブランチの様子をレポートする。

ホテルのエントランス ©Renee Kemps

まさに非日常、まさにラグジュアリー

「ル・グラン・コントロール」は、ルイ14世お気に入りの主席建築家として活躍したジュール・アンドゥルアン・マンサールにより1681年に建てられました。その当時は、大使や啓蒙時代の芸術家、音楽家、作家、科学者などヨーロッパの政治的及び文化的エリートのメンバーが住んでいたそうです。

ホテルのメイン階段 ©Renee Kemps

「シャトー ドゥ ヴェルサイユ ル グラン コントロール」には、スイートルームを含む14の客室があります。滞在中は豪華な家具や調度品に囲まれた非日常的でラグジュアリーな時間を過ごすことができ、一般のお客さんがいない営業時間外に「鏡の間」をはじめ宮殿内を見学できるなど、特別な体験が用意されているのが特徴です。

客室の様子 ©Renee Kemps


往時の雰囲気たっぷりのレストラン

ホテルのレストラン「エレル(Airelles)」はアラン・デュカスが監修しており、朝食、ランチ、ディナー、およびアフタヌンティーを楽しむことができます。今回は家族で日曜日限定メニューのブランチを体験してきました。

「エレル」の店内 ©Renee Kemps

席に案内されて思わず小さな歓声を上げてしまったのは、サービスの方たちが身に纏っている18世紀を再現したような美しいユニフォーム。まるで本当に宮殿で給仕されている気分に! 一気にマリー・アントワネットの時代へと誘われます。

まずはシャンパンで乾杯した後、フレッシュジュースとヴィエノワズリーのパニエからブランチがスタート。
私はバターたっぷりのクロワッサンに自家製のジャムをつけていただきます。

最初のお皿たちが運ばれてきました。小さなココットに入った半熟卵、トリュフがたっぷりとかかったトピナンブール、そしてシェフのテリーヌ。ひよこ豆のペーストをフライにしたものや春を先取りしたアスパラガスのサラダなど、どれも絶品でした。

メインは肉か魚かを選べます。付け合わせには季節の野菜と食感が楽しい穀物。この日は芽キャベツが出てきました。ホクホクしていてとっても美味しかったです! さらには、サン・ネクテール、コンテ、シェーブルのチーズプレートと続きます。

そしてお待ちかねのパティスリー!
チョコレートクッキー、レモンタルト、フルーツサラダ、そして〈1724〉と名付けられたチョコレートケーキ。キャラメルソースのついたゴーフルも出てきました。

ここを訪れるのは宿泊者も含めてヴェルサイユに住む方達が多く、大人数の家族でのお祝いごとや集まりなどに利用しているよう。私たちが訪問した日も15時から着席するテーブルもあり、家族連れがほとんどでした。お誕生日会用の美しいテーブルセットや、可愛らしいペットのお客様もウェルカムな様子。

レストランのロゴはアラン・デュカス氏の頭文字Dとレストランの名前にもなっている植物エレルの葉をモチーフにしたものだそうです。

教会を改装したバーや、美しい調度品に囲まれたウェイティングルームも圧巻。

レストランのウェイティングルーム ©Renee Kemps

レストランのテラスからヴェルサイユ宮殿の庭へと繋がっており、そのままお散歩を楽しむこともできます。腹ごなしのつもりで歩くには広大すぎるけれど、その眺めは素晴らしくマリーアントワネットの時代へと思いを馳せながら、のんびりとした優雅な日曜日の午後を過ごすことができました。

パリ中心部から電車で約1時間。日常からちょっと抜け出すタイムトリップを堪能しました。

photos by Eiko Shigeta

【関連記事】パリジェンヌがいまもっとも訪れたい大草原の中にあるデザインホテル
【関連記事】パリの歴史的建造物がホテルに! 10月オープンの「ホテルマダムレーブ」をチェック
【関連記事】次回のパリ土産にはこれ!世界の貴重な茶葉を厳選したフランス茶の新ブランド

chateau-de-versailles-hotel 所在地:12 rue de l’Indépendance Américaine 78000 Versailles FRANCE *日曜日限定ブランチ100ユーロ(シャンパン付き120ユーロ)予約時間は11:30~15:00 Instagram: https://www.instagram.com/airelleschateaudeversailles/?hl=fr HP: https://airelles.com/fr/destination/chateau-de-versailles-hotel

Profile

茂田栄子

しげた えいこ パリ在住11年目のコーディネーター。ヨーロッパ中世文学を専門に学んだ後、途上国支援の民間財団等に勤務。2010年フレンチの料理人である夫について家族で移住。買付アテンドやコーディネーターをするかたわら、興味の赴くままにあらゆるジャンルのパリの話題のスポットを探検するのが趣味であり、新しい発見をするのが喜び。気が向いた時に探検の相棒となってくれる思春期の娘(もうすぐ16歳)あり。インスタグラム #a子パリおすすめアドレス でパリの最新スポット情報を発信中。
Instagram: https://www.instagram.com/eico0614/?hl=ja

Recommend

Pick Up

リンクを
コピーしました