Loading...
×

伝統とモダンの融合を叶えた極上空間「界 加賀」で、美食と癒しのステイを

星野リゾートが全国18箇所で展開する温泉旅館ブランド「界」は、和の快適さを追求した空間と、その場所その季節でしか体験できないおもてなしが最大の魅力。その中から、現代のエッセンスを纏う歴史的建物と伝統工芸のおもてなしで、身も心も解き放たれる「界 加賀」を紹介!

【関連情報】【宿泊券プレゼント】星野リゾートの温泉旅館「界 鬼怒川」で季節の移ろいと民藝を堪能

【関連情報】【星のやを唎く】富士北麓で五感を解き放つ。「星のや富士」で堪能するグランピング

「界 加賀」

現代のエッセンスを纏った歴史的建物

「界 加賀」は、北大路魯山人をはじめとする数多くの文化人に愛された老舗旅館「白銀屋(しろがねや)」の歴史を受け継ぐ「伝統とモダンの融合」を叶えた温泉旅館。
フロントホールを含む伝統建築棟は国の登録有形文化財にも登録されており、枠の内(わくのうち)や紅殻格子(べんがらこうし)といった伝統建築が印象的です。また、伝統工芸である加賀水引、加賀友禅が館内をはじめ客室のベットライナーなどに施され、九谷焼や山中漆器は食器に使用されるなど、華やかさと癒しを感じる仕様にうっとり。

【関連情報】【星野リゾート今だけバナシ】ミモザに包まれたハッピーステイ!ベブファイブ軽井沢のキュートな春限定ルーム

客室 ベッドライナーには加賀友禅を使用
茶室
山中漆器を用いたお椀

【関連情報】〈星のやを唎く〉発酵文化の魅力を多彩な料理で表現。星のや東京でガストロノミーの最前線を識る

今食べたいのは、ミシュランにも紹介された冬の名物「活蟹のしめ縄蒸し」

塩水に浸した縄を蟹に巻きつけて蒸し上げるという、ダイナミックな工程で仕上げられる「活蟹のしめ縄蒸し」は、江戸時代に囲炉裏の炭の中に蟹を丸ごと入れて焼いていた料理からヒントを得た調理法。蟹の旨みがギュッと詰まり、ふっくらと柔らかく、口に運ぶたびに幸せ気分に。「界 加賀」に来たら必ず食べて欲しい、そんな一品!

活蟹のしめ縄蒸し

気軽に贅沢に蟹を楽しむ期間限定“ひとり蟹会席”

ひとりでも気軽に贅沢に蟹を食べて欲しいという思いから、3月10日までの期間限定で“ひとり蟹会席”プランを開催中。産地や品質の保証を示すタグが付いた活蟹の爪、脚、だき身のそれぞれがもつ旨味、甘さ、食感などを、まるごと味わい尽くせる贅沢な会席。蟹味噌がたっぷり詰まった甲羅は、 香ばしい香り漂う「甲羅焼き」に。

ひとり蟹会席

「ひとり蟹会席」
期間:3月10日チェックイン
料金:1名62,360円~(サービス料・税込、夕朝食付)※「ひとり蟹会席」は夕食
施設詳細:https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/kaikaga/
予約はこちらから

器と料理のマリアージュ

「器は料理の着物」と唱えた美食家の魯山人の思いを受け継ぎ、料理を一番ひきたてる器に最高の料理を盛り付けて提供。美しい九谷焼の器との最高のマリアージュを楽しめます
また、この九谷焼は、総料理長が若手作家へ依頼し製作することで伝統工芸の育成と発展も担っています。

とろりと柔らかい「美人の湯」

約1,300年前に行基という高僧が霊峰白山への修行に向かう途中で発見したと伝えられる歴史ある温泉「山代温泉」。とろりとした泉質で「美人の湯」と言われているとか。
内風呂では、若手作家が手掛けた九谷焼のアートパネルを眺めながら、加賀の風情あふれる湯浴みを楽しめる。また、公衆浴場「総湯(そうゆ)」や「古総湯(こそうゆ)」が立ち並ぶ「湯の曲輪(ゆのがわ)」と呼ばれる素敵な街並みも魅力の一つ。

大浴場(女湯) 九谷焼タイル
古総湯(こそうゆ)

■大浴場:内湯
男女各 1 、露天風呂 男女各 1
■泉質:ナトリウム・カルシウムー硫酸塩・塩化物温泉
■効能:美肌、神経痛、関節痛、冷え性、動脈硬化など

界 加賀(石川県・山代温泉)
所在地:石川県加賀市山代温泉 18 47
電話:0570 073 011( 界予約センター)
客室数:48 室 チェックイン 15 時、チェックアウト 12 時
アクセス:
【電車】JR 加賀温泉駅より車で約 10 分/【車】北陸自動車道 加賀 IC より約 15 分
料金:
1 泊 31 ,000 円 ~(2名1室利用時1名あたり、サービス料込・税 込 、夕朝食付)
https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/kaikaga/


text:Miyuki Kikuchi

Recommend

Pick Up

リンクを
コピーしました