Loading...
×

Culture

©Kiyohide Hori

「RED 堀清英写真展」シャネル・ネクサス・ホールで2022年1月開催

「シャネル」は、2022年のシャネル・ネクサス・ホールでの展覧会第一弾として「RED 堀清英写真展」を1月19日から開催する。

「”自分”とは何者か」を追求して

堀清英(ほり きよひで)は、大学在学中、デザイン事務所のアルバイトから写真に興味を持ち、カナダの写真家・故ユサフカーシュに自身のポートレイトを依頼したのを機に本格的に写真に取り組み始めた。その後、91年よりニューヨークのICP(国際写真センター)で写真を学び、雑誌や広告、ポートレイト撮影などで活躍するかたわら、自らの作品を作り続けてきた。

©Kiyohide Hori

彼が大きな影響を受けたのは、1950年代のアメリカで巻き起こったビートカルチャーの提唱者であり、伝説的詩人であるアレン・ギンズバーグ。東日本大震災後には、アイロニカルな視線を現代社会に向けて制作されたシリーズ「re:HOWL」を発表している。

©Kiyohide Hori

今回初公開となる「RED」は、視線を向ける先を自己の内へと転じ、”自分”とは何者かという問いへの答えを追求している。展示会ではこの「RED」シリーズのほか、90年代以降撮りためてきた作品群や、創作活動の原点ともいえる手製のフォトブックなど、三部構成で紹介。自らの作品を「ピクチャーポエム」だという、堀の自己探求の道程を示す。

©Kiyohide Hori

シャネル・ネクサス・ホールは若手アーティストを積極的に取り上げ、シャネルならではのユニークな企画を開催している。2022年もさまざまな新しい才能と出会う場となるはずだ。「RED 堀清英写真展」の開催期間は2022年1月19日から2月20日まで。

「RED 堀清英写真展」 会期:2022年1月19日(水)~2月20日(日) 開館時間:11:00~19:00 (最終入場18:30) 会期中無休・入場無料・予約不要 会場:シャネル・ネクサス・ホール 所在地:東京都中央区銀座3-5-3シャネル銀座ビルディング4F Tel:03-6386-3071(シャネル・ネクサス・ホール事務局) https://nexushall.chanel.com/program/2022/red/ text by Takumi Hanya

Recommend

Pick Up

リンクを
コピーしました