×

ハイジュエリーと日本の若き匠の作品が共演。「ショーメ」と美との対話

パリを代表する老舗ジュエラー「ショーメ」。伝統を継承しながら進化を止めないメゾンが、東京を舞台に日本の若き匠とコラボレーションした展示会を開催した。

ショーメ ジャンマルク・マンスヴェルト
ジャンマルク・マンスヴェルト「ショーメ」前最高経営責任者(CEO)

横浜の三溪園で行われた2021年に続き、2023年も日本の伝統工芸作家たちとタッグを組み、美しい展示会を開催した「ショーメ」。1780年の創業以来、伝統的な宝飾技術を受け継ぎつつ、今も進化を止めない「ショーメ」が日本の伝統を守りながら、新しい解釈で作品を生み出す3名のアーティストと組んだ理由は何なのか? この催しのために来日したメゾンの前最高経営責任者(CEO)、ジャンマルク・マンスヴェルト氏に話を聞いた。

ショーメ
「ショーメ」の長い歴史、そして卓越したクラフトマンシップの象徴とも言えるのがハイジュエリーコレクション。今回の展示には2023年に発表された稀少なピースが展示された。“ル ジャルダン ドゥ ショーメ コレクション アガパンス ネックレス”[ダイヤモンド×サファイア×ホワイトゴールド] ¥330,000,000[参考価格](ショーメ) 

「まずはフランスと日本の出会いができたらと。日本では匠の技を親から子へ、家族で継承していくことが多いと聞いております。それは『ショーメ』も同じで、243年の歴史において、今の工房長は13代目です。また、今回のように異なる分野の壮大な匠の技の“対話”というコンセプトは、『ショーメ』の作品に対して、新しい視点、視野を与えてくれると考えています」

今回の展示会では、陶芸家の奈良祐希、染織家の吉岡更紗、そしてサウンドアーティストの細井美裕の3名に作品を依頼。彼らの斬新なアートピースと「ショーメ」のハイジュエリーが見事に融合した展示により、モダンな世界を見せてくれた。

ショーメ
茶陶の名窯“大樋焼”の家系に生まれ、現当主11代目を父に持ち、建築家で陶芸家の奈良祐希の作品とハイジュエリーの共演。最新のテクノロジーを駆使した建築設計の手法と、大樋焼の伝統技術を融合させた作品がジュエリーを美しく際立たせる
ショーメ
江戸時代から200年以上続く京都の染色工房「染司よしおか」の6代目である染織家の吉岡更紗。ハイジュエリーの後ろに飾られているのは、彼女が染めた美しいブルーの布。古くからの手法に倣い、すべて自然界にある染料で染められている

「なかでも音楽とジュエリーのコラボレーションは新鮮でした。私自身、何度も見て知っているジュエリーなのに、今まで目にしたことがない新たな輝きを、音楽と耳の力を借りることで発見できました。アート作品との対話によって、ジュエリーの魅力がさらに深く掘り下げられたのです。そんな予期せぬ方向へ人々を誘うことこそ、『ショーメ』が求めるやり方です」

ショーメ
サウンドアーティストの細井美裕は、「ショーメ」のハイジュエリーを着想源にした六つの音楽を制作。六つのスピーカーから流れる異なる音楽に耳を傾けながら、飾られている美しいジュエリーを目で楽しむ新しい試みだ

現在、世界的な動向に従って、日本においてもハイジュエリーの市場が大きく拡大を見せている。「ショーメ」にとっても日本は重要な国の一つだという。

「身に着ける美しい装飾品でありながらも、いわゆる芸術作品として捉える方も増えていると思います。それにより、投資の対象や次世代へ相続するものへと変化しています」

ハイジュエリーの稀少性や芸術性により注目が集まる今、「ショーメ」は伝統の継承と革新的な物作りを両輪に、さらなる探究を続けている。

ショーメが銀座エリア3店舗目となる「ショーメ GINZA SIX店」をオープン
植物の美しさを映し出す「ショーメ」の新作ハイジュエリーコレクション

お問い合わせ先

ショーメ tel: 03-5635-7057

関連情報

リンクを
コピーしました