Loading...
×

Beauty

フランスのハンドケアで、所作のたびにふわっと良い香り【ナタリーの日仏ビヤンネートルのすゝめVol.35】

心と体を心地よく、美しい状態にするフランス式ライフスタイル「ビヤンネートル(Bien-être)」をキーワードに、日仏美容家のナタリーが今気になるコスメをナビゲート。第35回は、ヴィーガンフレグランスブランドが発表したハンドケアについて。

パンデミックが続く生活のなかで、”香り”は欠かせない存在です。私たちの心を癒したり気分をそっと持ち上げたり。気持ちのスイッチングとして上手く取り入れている方もきっと多いのではないでしょうか。そんな中、私が最近愛用しているのが、「クヴォン・デ・ミニム」の香り豊かなハンドクリームです。

アクアマジェスタエ ハンドクリーム  30mL ¥1,320

南仏プロヴァンスで1614年に建立されたクヴォン・デ・ミニム修道院。王朝の最隆盛期を築いた太陽王・ルイ14世に植物学者として任命されたルイ・フュイエが、青年期を過ごした場所です。未知の植物を求め世界中を旅して、数多くの研究や植物にまつわるレシピを残し、近代植物学の礎を築いた彼のフィロソフィーは現在、100%ヴィーガンによる処方を行う「クヴォン・デ・ミニム」に受け継がれています。

アクアマジェスタエ 50mL ¥5,060

「クヴォン・デ・ミニム」を語る上で欠かせないのが奥行きのある美しい香り。クチュールメゾンで活躍し、フランスや世界のフレグランス市場に革新をもたらしてきた調香師、ジャン=クロード・エレナをはじめ、数々の著名な調香師が香りをクリエイト。

なかでも、ベストセラーとなった“アクアマジェスタエ”は、ミニム修道院の光に満ち溢れた庭園からインスパイア。私たち日本人にもなじみがあり、クリーミーでなめらかなピーチやアプリコットのようなフルーティな側面も持つオスマンサス(金木犀)の香りをベースに、アカシアの温かみやピリッとしたレモンの香りをプラス。春の訪れを祝福するようなフルーティフローラルの香りに仕上がっています。

アクアマジェスタエ プティギフト (ボタニカルコロン アクアマジェスタエ 10mL、同 ハンドクリーム 30mL) ¥2,860

3月に発売されたハンドクリームは、植物に対する深い造詣と香りの煌めきが融合。ほんのり甘い香りとフルーツが持つ爽やかさで、手元が動くたびにふんわりと美しい香りを感じることができます。もちろん、ケア効果も抜群。シアバターが手元をなめらかに保つので、細かいシワの保湿に加えてハンドマッサージを行なってみてもよさそう。環境や肌への配慮のもと、硫酸塩やパラベン、シリコンなどの成分は不使用というこだわりも、フランスブランドならではの安心感です。

冬に引き続き春先も、香り豊かなハンドケアでしなやかな手元をキープしてくださいね。

【関連記事】オリジナルのルームフレグランスで、香りと向き合う時間を
【関連記事】柴咲コウの“祈り”をかたちにしたスキンケアコスメ
【関連記事】髪のボリュームレスを解消する最愛ヘアケア

お問い合わせ先

クヴォン・デ・ミニム: customer.lc@kinds.co.jp
https://lecouventparfums.jp/

Profile

ナタリー(Nathalie)

一般社団法人日仏ビヤンネートル協会代表。モード系美容誌編集を経て独立後、日本とフランスのライフスタイルを融合したオリジナルのビューティメソッドや、海外トレンドを踏まえた美容情報を執筆中。レインボータウンFMのラジオ番組「Nathalie’s Beauty Talk」では第1土曜と第2木曜にフランスの最新美容情報などを紹介。
https://institut-du-bienetre.com/

Recommend

Pick Up

リンクを
コピーしました