×

Lifestyle

「韓国のブルックリン」ソウル・聖水洞にZ世代が集まる理由

ソウル東部の聖水洞(ソンスドン)。ここは今、倉庫や工場をリノベーションして生まれたカフェやアート空間などが集積し、アメリカのニューヨーク・ブルックリンのイメージと重なり、「韓国のブルックリン」と呼ばれています。

韓国の「Z世代」を中心に感度の高い人たちに人気の街、ソウル・聖水洞。写真とともに韓国の「今」を伝える【韓国スケッチ】の聖水洞編では、代表的なカフェや壁画通りなど注目の観光スポットを紹介します。(取材協力:韓国観光公社)

ソウル・聖水洞 開放的な空間が広がるオープンテラス 「CAFE ハラボジ工場」
開放的な空間が広がるオープンテラス 「CAFE ハラボジ工場」

聖水洞は、古くから製靴産業の拠点として発展しました。2010年代に入って地区に集積する工場や倉庫をリノベーションしたギャラリー型のカフェが登場し、新たな観光スポットとしての顔を見せています。

開放的な空間が広がるオープンテラス 「CAFE ハラボジ工場」 ソウル・聖水洞
店内は撮影スポットとしても人気 「CAFEハラボジ工場」

韓国の人気ドラマ「ヴィンチェンツォ」のロケ地としても知られる「CAFE ハラボジ工場」も、聖水洞を代表するカフェの一つです。韓国の有名建築デザイナーが手がけ、工場をリノベーションして誕生しました。外には緑に囲まれたテラス席があり、店内は、元工場のスケール感を生かした空間設計になっています。ギャラリーの作品を鑑賞しながらカフェタイムを楽しむことができます。

ドラマ「ヴィンチェンツォ」は2021年に韓国で放映され、ネットフリックスで世界に配信されました。「CAFE ハラボジ工場」では、主人公のヴィンチェンツォとホン・チャヨン弁護士が語り合うシーンが撮影されました。

【ドラマ「梨泰院クラス」パク・セロイを感じるソウル聖地めぐり】

Recommended

Pick Up

リンクを
コピーしました