×

自然とつながりその恵みをいただく。日本茶専門店「SABOE TOKYO」が麻布台ヒルズに誕生

現代における喫茶の様式を創造し、次世代へと継承していくために活動している「茶方薈(さぼえ)」。2024年4月17日(水)に、初の実店舗となる日本茶専門店「SABOE TOKYO」を麻布台ヒルズに開店する。

ひとつの茶葉から、製法の違いにより個性豊かな香りや味わいが引き出される日本茶。「SABOE TOKYO」では、幾重にも広がるその可能性を追求し、世界中の人びとが日々の暮らしのなかに日本茶を気軽に取り入れられるよう、新たな味や楽しみ方を提案している。

今回、煎茶や玉露、ほうじ茶、番茶、紅茶に烏龍茶など、さまざまな日本茶と果実・穀物などを合わせた10種類のブレンド茶を展開する「T., Collection」を初披露。一日の始まりにふさわしいさわやかな味わいから、菓子や食事にもよく合うもの、睡眠前にも安心して飲めるものまで、シーンに合わせて選べるのがうれしい。

パッケージは、土に還る天然素材でつくられており、お茶の容器のみならず、お茶をいれる茶器、お茶を飲む湯呑みとして、三つの役割を担っている。

リーフティーのほか、ティーバッグも用意

現代の暮らしに合わせた菓子を創作する「HIGASHIYA」の羊羹(ようかん)やカステラ、豆菓子などの日本茶と好相性の和菓子や、現代における「生活道具の創造」に取り組む「Sゝゝ [エス] 」の急須や湯呑みなど、茶器も取りそろえている。

また、ファサードや店内のインテリアには、この「SABOE TOKYO」から日本茶を世界へと広めていきたいとの願いを込め、幕末から明治にかけて日本茶の輸出が盛んだった長崎の石畳や石橋などに用いられた諫早石(いさはやいし)を配置。

ティーカウンターでは「T., Collection」の試飲や、テイクアウトも用意しているので、気軽に立ち寄ってみてはいかが。

text: Tomoe Tamura

「帝国ホテル 東京」にシャンパンや発泡性飲料をそろえた“シャンパンバー”が新開店
「OMO7大阪 by 星野リゾート」のアフタヌーンティーで、大阪の「だし文化」を楽しむ

関連情報
  • 「SABOE TOKYO」
    開店日:2024年4月17日(水)
    住所:東京都港区麻布台1-2-4 麻布台ヒルズ ガーデンプラザ C 1F
    電話番号:03-6441-0310
    営業時間:11:00〜20:00
    定休日:無休
    SABOE 公式HP:https://www.saboe.jp/

リンクを
コピーしました