×

「ザ・コンランショップ 東京店」が麻布台ヒルズにオープン

11月24日(金)、麻布台ヒルズ タワープラザ3Fに「ザ・コンランショップ 東京店」が誕生。日本のザ・コンランショップとして初めてレストラン「オルビー」も併設し、衣食住すべてにおいて上質かつ特別なものを提案する。

ザ・コンランショップ 東京店 外観
©Yuna Yagi 

多くのものがあふれる今だからこそ選びたい体験を、衣食住にわたりキュレーション。家具はオリジナルラインをはじめ、「定番でも上質、日常だけど特別」というテーマのもと吟味したアイテムが、時代や国を超えてそろう。

ザ・コンランショップ 東京店 グリーンコーナー
©Yuna Yagi 

併設のレストランを合わせて約1,300m²のゆったりとした空間には、インテリア小物やキッチン、テキスタイルなど暮らしを豊かにするアイテムが充実しているほか、アパレルも豊富にラインアップ。また、明治41年創業の料理道具屋、釜浅商店の常設コーナー、植物のある暮らしを演出するグリーンコーナーも登場。アートブックや音楽にまつわるアイテムも提案している。

ザ・コンランショップ 東京店 内観
©Yuna Yagi 

新たな試みも多数展開。菓子研究家・福田里香とコラボレーションしたオリジナル菓子シリーズ「Crafted Treats」をローンチ。その第1弾として、オリジナルキャンディー「Twisted candy」が発売される(12月以降を予定)。さらに、サステイナビリティをテーマにパジャマやタオルなどを手掛けるライフスタイルブランド「Échapper」が、東京で初の常設販売を開始。大人のための上質なワードローブを提案する「Graphpaper」からは、ザ・コンランショップ別注アイテムも販売される。

レストラン オルビー店内
©︎Yuna Yagi

そして、オープン前から話題を集めているのが、日本のザ・コンランショップにおける初めてのレストラン「オルビー」だ。ヘッドシェフを務めるのは、自然派ワインブームの火付け役的存在として知られる「uguisu」「organ」の店主、紺野真。


イギリスの伝統料理をOrbyらしく表現したシグネチャーメニュー、「ベニソン・ウェリントン」 鹿肉のローストとセロリのパイ包み。
ワイン
「Orby」でしか飲めない自然派ワインも。

気取らずに過ごせる食堂のような空間で、モダンフレンチをベースにブリティッシュの要素を加えたニュースタイルを提案する。もちろんワインメニューも豊富。バーカウンターもあり、夜にはスタンディングでドリンクと軽いフードも楽しめる。

ザ・コンランショップ 東京店 内観
©Yuna Yagi 

日々を豊かにするモノとの出合いや、日常だけれど特別な時間が過ごせるレストランなど、テレンス・コンランが唱えた“Plain, Simple, Useful” をさまざまな形で体験できる「ザ・コンランショップ 東京店」。室内で過ごす時間が増えるこれからの季節、上質な暮らしのヒントを探しに、ぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。

text: Tomomi Suzuki

「軽井沢星野エリアのクリスマス2023」幸運の象徴“やどりぎ”をモチーフに
2023年NEW東京レストラン。京都ホルモンから香港モダンフレンチまで注目4店

ザ・コンランショップ 東京店(※2023年11月24日オープン)
【住所】東京都港区麻布台1丁目 3 番 1 号 麻布台ヒルズ タワープラザ 3F
【営業時間】ショップ 11:00~20:00
レストラン11:00~15:00(ランチ L.O. 14:00)、17:00~23:00(L.O. フード 21:00、ドリンク 22:00


ザ・コンランショップ
https://www.conranshop.jp/ 

ザ・コンランショップ インスタグラム
@theconranshop.japan


オルビー インスタグラム
@orby.restaurant 


 

リンクを
コピーしました