×

ずっと使える、センスのいい高級ボールペン5選

パイロット(日本)の「グランセ スズラン」

パイロット 「グランセ スズラン」税込¥ 5,500

ペンを走らせると、すらすらすらと音が聞こえてきそうな軽やかな書き味が魅力の一本。パイロットが独自に開発した、まるで水性のような滑らかな書き心地が特徴の「アクロインキ」を搭載している。

「グランセは、今から29年前の1994年に発売されました。当時のボールペンといえば、渋いデザインのものが多かった中で、若い世代が持ちたくなるようなスタイリッシュなボールペンを、とのコンセプトで誕生しました。細いボディは持ちにくくて苦手だという人もいますが、グランセは中央に膨らみがあり、素材は金属製。手になじみ、絶妙な重さがあるので、安定感があって持ちやすいと多くの方に愛用されています」

ボールペン3A

透明感やつや感のあるキラキラとした塗装は、持った時の指先まで美しく見せてくれるデザイン。替え芯は、全国の文具店で気軽に購入することができるのもうれしいポイントだ。自分へのプレゼントにも、大切な友人へのお祝いギフトとしてもおすすめ。

プラチナ(日本)の「#3776 センチュリー セルロイド キンギョ」

プラチナ「#3776 セルロイド キンギョ」税込 ¥11,000

机の上にポンと置いてあるだけで目を引く、美しい金魚柄のボールペン。指に吸い付くような触り心地の良さは、ボディを作るセルロイド素材の特徴だ。今では希少なセルロイドは、軽くて強度もあり、素材作りだけで何年もの時間をかけられているのだ。素材特有の鮮やかな発色は、ドラマティックで華やか。書斎館を訪れる女性からも高い人気を誇っている。

ボールペン2A

「このボールペンは、幅広い年代の女性から支持されていることも特徴です。また、マーブル柄は一本一本違うので、自分だけの金魚柄として愛着もいっそう強くなるはずです。日本人の肌の色にも合うので、ペンを持った手がとてもきれいに映りますよ」

ペンケースに並ぶボールペンの中でもひと際存在感を放つ金魚柄。忙しい毎日でも触れるたびに優雅な気持ちになりそう。

モンテベルデ(アメリカ) の「ラグーナ レッド」

モンテベルデ「ラグーナ レッド」税込¥ 7,700

アメリカの筆記具メーカーであり、ヨーロッパの高級筆記具販売を行ってきた会社が、オリジナルのブランドとして立ち上げたモンテベルデ。「ラグーナ」は、竹を思わせるデザインが特徴だ。「書斎館」を訪れたお客様の中には、そのユニークなデザインに一目ぼれする方もいるのだとか。バッグの中に入れていても、すぐに見つかるインパクトのある鮮やかなレッドもポイントだ。

「ローリングウィールと呼ばれる服を傷つけないために付けたクリップ部分の丸いボールや、美しいマーブルの樹脂の使い方など、随所にイタリアらしいデザイン性の影響を感じます。グリップ部分のゆるやかなカーブのフィット感も心地よく、軽い力で書けるのも魅力。人と被りにくい個性的なデザインは、ギフトとしても喜ばれるはずです」

text: Noriko Oba

お中元ギフトにもぴったり! バリエーション豊富な「ゴディバ」のカップアイス
おしゃれ文房具10選 大人女子がひとり悦ぶステーショナリー

お問い合わせ先

Pen Boutique 書斎館 Aoyama
住所:東京都港区南青山5-13-11 パンセビル1階
電話:03-6712-5420
info@shosaikan.co.jp
営業時間:11:30〜14:00/15:00〜19:30

リンクを
コピーしました