×
'黒タレ餃子(c)Masaki Higuchi'

Lifestyle

レシピ

黒タレ餃子(c)Masaki Higuchi

<Carte de Cuisine>黒タレ餃子

【9月28日 marie claire style】香ばしくジューシーに焼き上げた肉餃子に、中国醤油の老抽を使った濃厚なタレをしっかり絡めていただきます。このアレンジによって普段の焼き餃子でも、酢豚や油そばにも似た新しいアレンジがお楽しみいただけます!

■How to Cook 〈調理時間30分〉
1. 豚挽肉に塩、胡椒、ごま油を加えて粘りがでるまでよく混ぜる。野菜をみじん切りにして、豚挽肉と合わせて混ぜ合わせる、10等分にして餃子の皮に包む。
2. タレを作る。Aの材料を小鍋に入れて弱火で炒める。香りが出たら火を止め残りのタレの材料を入れてよく混ぜる。
3. フライパンを弱火で温め、米油(大さじ1)をひき、餃子を間隔をあけて並べる。中火にして2分程底面を焼いてから、水を回しかけてフタをする。フライパンの水分がほぼ無くなったらフタを取り、米油(大さじ1)を外側から回し入れ、焼き色を見ながら香ばしく焼き上げる。
4. 餃子を1個ずつ2の鍋に入れてタレに丁寧に絡め、お皿に並べる。仕上げに残ったタレをまわしかけ、ごまをふる。

■Point!
中国醤油の老抽(ラオチュウ)はとろみのあるコクと甘みを含み、濃厚な黒さが特徴的です。大手百貨店をはじめ、輸入食材店や中華街などで購入可能。

■材料2人分
・餃子の皮(大判)・・・10枚
・豚挽肉・・・100g
・キャベツ・・・50g
・椎茸・・・20g
・長ネギ・・・20g
・塩・・・ひとつまみ
・胡椒・・・少々
・ごま油・・・大さじ1
・米油・・・大さじ2
・水・・・50ml
・ごま・・・少々

タレ
・中国醤油・・・大さじ2
・香酢・・・小さじ2
・オイスターソース・・・小さじ1
・ハチミツ・・・小さじ1

—A—
・ごま油・・・大さじ2
・鷹の爪・・・1本
・ニンニク(みじん切り)・・・1片分
・ショウガ(すりおろし)・・・小さじ1

■プロフィール
樋口正樹(Masaki Higuchi)/料理研究家
2011年より料理研究家として活動開始。書籍『One Plate DISHES 毎日食べたい、作りたいワンプレートごはん』、『EVERYDAY Sweets 毎日食べたい、作りたいスイーツレシピ100』(ともにグラフィック社刊)など発売中。

【関連情報】
樋口正樹 kitchen studio HIGUCCINI公式サイト<外部サイト>
【無料ダウンロード】marie claire style PDFマガジンをチェック!
(c)marie claire style/recipe, photos: Masaki Higuchi

Recommend

Pick Up

リンクを
コピーしました