×
'(c)marie claire/photo: ©FRED / model: Emma Roberts / jewelry: FRED'

Feature

(c)marie claire/photo: ©FRED / model: Emma Roberts / jewelry: FRED

幸せ溢れる笑顔で魅了するエマ・ロバーツが今、輝く理由

ジュリア・ロバーツを叔母に持ち、俳優一家に生まれた女優エマ・ロバーツ。子役として2001年にデビューすると、映画『バレンタインデー』やドラマ「アメリカン・ホラー・ストーリー」シリーズといった話題作に次々と出演を果たす。順調にキャリアを積むなか、ジュエリーブランド「フレッド」がコレクションアンバサダーにエマを抜擢。さらなる磨きがかかる彼女の美しさとともに、その魅力に迫る。

1990年に世界中の観客を虜にしたラブストーリーの名作映画『プリティ・ウーマン』。30年以上経った今なお色褪せることなく、その輝きは多くの人の心に残り続けている。なかでも名シーンのひとつとして挙げられるのは、リチャード・ギアがアドリブでジュリア・ロバーツの指をネックレスのケースで挟んで笑わせた場面。そこで大きな役割を果たしているのが、女性たちの視線を釘付けにしたルビーとダイヤモンドのハートのネックレスだ。それこそがパリで創業されたモダンジュエラーとして知られる「フレッド」が手掛けたものである。

長年にわたってメゾンのアイコンとして高い人気を誇っていた「プリティウーマン」コレクションだが、このたびリローンチを発表。よりモダンで自由なデザインへと一新し、華やかなハイジュエリーコレクションと日常にも合わせやすいジュエリーコレクションが誕生した。そんな珠玉のラインナップを私たちに届けてくれるのは、コレクションアンバサダーに指名された女優エマ・ロバーツ。叔母であるジュリア・ロバーツにも負けない弾けるような笑顔とともに、その喜びを語る。「このコレクションに携わることができて、驚きと同時に心が躍ったわ。ただ、私自身が以前からフレッドのジュエリーのファンだったこともあり、このパートナーシップは私にとってすごく自然なことのような気もしているの。アンバサダーを務めることで、叔母にとっても象徴的な作品とフレッドの両方を称えることができるのは万感の思いよ」

『プリティ・ウーマン』の伝説のシーンが蘇るような、映画の世界観を見事に表現したハイジュエリーを、エマ・ロバーツが優雅に身にまとって。”プリティウーマン”ネックレス[WG×ダイヤモンド×ルベライト]¥29,370,000 イヤリング[WG×ダイヤモンド×ルベライト、単品販売]¥4,906,000  リング[WG×ダイヤモンド×ルベライト]¥2,585,000(すべてフレッド/フレッド カスタマーサービス)

そして、「フレッド」の魅力については、ユーモアを交えながらこう付け加える。「フレッドのジュエリーをつけると、信じられないくらい現実離れした感覚をいつでも味わえるの。ドレスアップからカジュアルまで、さまざまな場面で活躍し、シーンに合わせて異なる印象を与えてくれる。もし、フレッドが女性だとしたら、自信と誇りに満ちたパワフルな存在になると思うわ。きっと臆せずに冗談を言い合える相手になりそうね」

ファッションアイコンとしても注目度の高いエマ。新たな「プリティウーマン」コレクションにもすっかり夢中だという彼女は、お気に入りのコーディネートがあるという。

「私が好きなのは、ピンクゴールドとホワイトゴールドのハートのリングを重ねづけすること。何本ずつかを両手につけて、Tシャツとジーンズ、もしくはミニドレスと合わせて楽しんでいるのよ。あと、私が夢中になっているのはルベライト。どんなスタイリングにも相性がいいところも気に入っている理由よ」

今回のコレクションを「遊び心・魔法・ゴージャス」という3つの言葉で表現したエマだが、それらは同時に彼女自身の魅力を表す言葉でもあるように感じる。1600万人を超えるフォロワー数を誇るInstagramでも、さまざまな表情で多くの人を魅了。昨年末には、俳優ギャレット・ヘドランドとの間に、第一子が誕生し、母としての顔も覗かせる。新たな家族を得た今、ジュエリーに対する思いもますます深まっているところだろう。

「今年2月に30歳の誕生日を迎えたとき、母からもらったのがダイヤモンドのリング。これは私が生まれたときに父が母に贈ったリングだと聞いて、ジュエリーは特別で意味あるものになり得ることがわかったの。つまり、ジュエリーとは物語や思い出を留めることができるものでもあるということ。だからこそ、それらを子供たちに伝えていくことは、素晴らしいことだと思うわ」

オープンハートが可憐な、日常使いにぴったりのシリーズも登場。”プリティウーマン”ネックレス〈上から〉[PG×ダイヤモンド]¥205,700 [WG×ダイヤモンド]¥372,900 [PG×ダイヤモンド]¥341,000 イヤリング[PG×ダイヤモンド、単品販売]¥110,000 ブレスレット[WG×ダイヤモンド]¥183,700 リング〈人差し指〉[PG×ダイヤモンド]¥180,400 〈薬指上から〉[WG×ダイヤモンド]¥193,600 [PG×ダイヤモンド]¥277,200(すべてフレッド/フレッド カスタマーサービス)

一人一人にとって愛のかたちはさまざまであるという思いから、「your way your love(あなたの愛のかたち)」がコレクションのコンセプトになっているというが、そういった「フレッド」の美学にエマがシンパシーを感じるのも頷ける。そして、彼女は自分自身を愛することも忘れていない。それは、昨年『marie claire』のフランス版に掲載されたインタビューからも読み取れる。

「10年前よりも、今のほうが落ち着いているように感じるの。なぜなら年齢を重ねるごとに、自分自身をよりよく知ることができるし、自分に対しても少しずつ感謝の気持ちが芽生えているから。私は年を取るのは怖くないし、美しいものだと思っているのよ」

「フレッド」が掲げる「生きる喜び」の精神を体現するエマは、これから女優としても女性としても、さらなる輝きを増していくに違いない。そんな彼女が今後どんなことを発信してくれるのか、期待が高まる。

(PG=ピンクゴールド、WG=ホワイトゴールド)

Recommend

Pick Up

リンクを
コピーしました