Loading...
×

Feature

©️Michael M.Santiago/Getty Images

メーガン妃に学ぶ大人の夏スタイル!NY流の涼しげな黒の着こなしとは?

国連本部でスピーチをするため、久々にNYを訪れたヘンリー王子。その傍らには、暑い夏の日でも、シックな黒のスタイルに身を包んだメーガン妃の姿が。

夏でもブラックでまとめて知的に

久々に夫婦揃ってNYを訪れたヘンリー王子とメーガン妃は、国連本部で開催されたネルソン・マンデラ国際デーの会合に参加した。この会合は、毎年、南アフリカの政治家で人権活動家のネルソン・マンデラの誕生日、7月18日に開かれるもので、今年はヘンリー王子がスピーチを務めた。王子は演説の中で、自身とアフリカとの繋がりについて語り、2016年にメーガン妃と出会い、デートを重ねてすぐにボツワナ旅行に誘ったことを振り返った。「僕たちは星空の下でキャンプをしました。そこで彼女と過ごした5日間は素晴らしかったし、お互いを知るための非常にいい機会になりました」と思い出を語った。

メーガン妃
NY国連本部を訪れたウィリアム王子とメーガン妃。©️Spencer Platt/Getty Images

もちろん、会場にはメーガン妃の姿も。お気に入りのブランド「ジバンシー」のペンシルスカートにシンプルな黒のトップス。手には「マルベリー」のバッグ“ベイズウォーター”、足元には「マノロ・ブラニク」のスエードのパンプスをコーディネートした、ミニマルでシックな装いで登場。すっきりとしたポニーテールにナチュラルなメイクも洗練された涼しげな印象に拍車を掛けている。

【関連記事】キャサリン妃、アレキサンダー・マックイーンの真っ白なスーツ姿で公務へ!

「ボッテガ・ヴェネタ」の赤いバッグがアクセント

メーガン妃
ディナーにもシックな装いで現れたメーガン妃。©️BOTTEGA VENETA

国連本部でのスピーチという大役を終えた夜、ニューヨーク・トライベッカにあるイタリアンレストランで友人たちとの食事を楽しむ姿をキャッチされたヘンリー王子とメーガン妃。セリブリティ御用達のイタリアンレストラン「ロカンダ ヴェルデ」に現れたメーガン妃は、肩を大胆に見せたデザインにモノトーンの配色がシックな「ガブリエル・ハースト」のジャンプスーツ姿で来店。アクセントには「ボッデガ・ヴェネタ」の赤いポーチ、そして足元にヌーディなストラップサンダルという夏らしいリラックスしたコーディネートが印象的だった。現在、記録的な熱波に襲われているヘンリー王子の祖国、イギリスの女性たちのお手本にもなりそうな、洗練された大人のサマースタイルを披露した。

【関連記事】ジョージ王子が初のウィンブルドン観戦。実はあの名選手のコーチを受けたことがあった!

関連情報

Recommend

Pick Up

リンクを
コピーしました