Loading...
×

Feature

©️Max Mumby/Indigo/Getty Images

キャサリン妃 の新婚旅行、セーシェルでのラグジュアリーな滞在が明らかに

ウィリアム王子とキャサリン妃がハネムーンで訪れたセーシェルのラグジュアリーリゾート「ノースアイランド」。非常にプライベートな旅となった新婚旅行についてのエピソードが今、明らかに。リゾートでの2人は、専属シェフが作る素晴らしい料理を美しい海を眺めながら満喫したようだ。

カリブ海の国々への訪問が噂されるキャサリン妃

エリザベス女王陛下在位70周年、プラチナジュビリーを祝う今年は、イベントが多く予定されていて忙しい日々を過ごす英国王室のメンバー。中でも今週、単独でデンマークを訪問する予定のキャサリン妃はさまざまな公務で引っ張りだこだ。デンマークの後には、ジャマイカ、バハマ、ベリーズと言ったカリブ海の国々を訪れるのではないかという噂もある。もっとも、どの国を訪問しても彼女なら大歓迎を受けるだろう。

そんな中、ウィリアム王子とキャサリン妃が2011年に新婚旅行で滞在したセーシェルでの旅について、英国の雑誌『HELLO!』が新事実を報道。同誌によるとケンブリッジ夫妻は、専属シェフが手がけるディナーをインド洋に沈む夕日を眺めながら楽しむというラグジュアリーな時間を過ごしたのだとか。ウィリアム王子とキャサリン妃は、島一つが丸ごとリゾート施設になっていて11棟の豪華なヴィラが点在するセーシェルの「ノースアイランド」に滞在。そこには白い砂浜、透き通った海は、もちろん豪華なスパ施設なども完備されているそう。キャンドルライトで照らされ、穏やかな海の音がロマンチックな夜を演出するプライベートダイニングも人気が高い。

【関連記事】ウィリアム王子&キャサリン妃が子育てに使う「チャット・ソファ」とは?

セレブリティ御用達の高級リゾート、セーシェル

夢のような景色が広がるラグジュアリーリゾート、セーシェルのノースアイランド。©️ Handout/Getty Images

島では、いくつかの5つ星レストランのメニューが堪能でき、それぞれの部屋の専属シェフが料理を担当。彼らは常にゲストのために待機し、いつ何時でも宿泊客が望むメニューを提供してくれるという素晴らしいサービスを展開。出来立ての料理は、カクテルやフレッシュジュース、ビンテージシャンパンなどとともにヴィラまで届けられる。ビーチでは、ジョージ王子やシャーロット王女、ルイ王子も大喜びしそうな焼きたてのピザやサラダ、バーベキューなどのサービスも。

宿泊代は一泊5,772ポンド(約90万円)〜だが、ハネムーンのためにデザインされた最高級のヴィラは、一泊9,086ポンド(約141万円)!ウィリアム王子とキャサリン妃はもちろんこの特別なヴィラに滞在したようだ。彼らだけではなく、ジョージ&アマル・クルーニー夫妻にサルマ・ハヤックらも新婚旅行でこのリゾートを訪れたのだとか。非常にプライベートな空間が保たれている「ノースアイランド」は世界中のセレブリティから愛されているリゾート地の一つのようだ。

【関連記事】キャサリン妃、英国陸軍の連隊長として歴史に名を刻む⁈

関連情報

Recommend

Pick Up

リンクを
コピーしました