×
'今月の10日、退役軍人を称えるイベントに出演したメーガン妃。この後、18日に全米で放映された番組に登場。©️AFP/Aflo'

Feature

今月の10日、退役軍人を称えるイベントに出演したメーガン妃。この後、18日に全米で放映された番組に登場。©️AFP/Aflo

久々にTV番組出演のメーガン妃、娘リリベットについて語る!

アメリカに移住後、ヘンリー王子とともにオプラ・ウィンフリーのトークショーに出演し、英国王室との関係について赤裸々に語ったメーガン妃。王室を離脱し、二児の母となった彼女がその後初めて、単独でテレビに出演し、キャリアのこと、子どものことなどを語った。

ヘンリー王子と結婚後、初の単独TV出演

今年3月、ヘンリー王子とともにオプラ・ウィンフリーの番組に出演し、大きな話題を呼んだメーガン妃。そんな彼女が先頃、アメリカの人気番組でエレン・デジェネレスが司会を務める「エレンの部屋」に単独で登場。オスカー・デ・ラ・レンタのブラウスを着て現れたメーガン妃は、2016年にヘンリー王子と出会う前、ハリウッドで過ごしたオーディションに明け暮れた日々について語った。女優としてのキャリアを模索するなかで直面した苦悩や苦労話、さらには、その頃に乗っていた古い愛車の話などを披露した。

【関連記事】戦没者追悼式典で未来の王妃、キャサリン妃の存在感が半端ない!

司会のエレンとメーガン妃は、親しい間柄だけあり、番組は和やかなムードで進行。そして話題は、今年の6月の誕生以来、未だ写真や動画を一切公開してない長女、リリベット・ダイアナにまで及んだ。英国王室を離れる前、ウィンザーで暮らしていた時に誕生した長男のアーチー。その長男とは違い、妹のリリベットは、夫妻が王室を離脱した後、カリフォルニアで生まれている。それもあり、リリベットの存在は、今でもベールに包まれたままだ。そんな中、久々にテレビ番組でメーガン妃がどんな話をするかに注目が集まった。

「私たちは突然気付いたの。誰もが二人目の子供ついて話をするわ。でも、二人目が誕生した時、一人目の子とどう折り合いをつけるかについては語らないのよね」とメーガン妃。「あ、今のこの感じがそうなのね。この楽しい時間。アーチーはとてもいいお兄さんよ」。実際、ハロウィンのときにメーガン妃の自宅に招かれ、アーチーとリリベットと会ったエレンも「アーチーは妹にとても興味があるようだったわ」と振り返っている。さらにメーガン妃は「リリベットはとてもよく寝る子なのだけど今、歯が生えてきているから、眠れない夜が続いているの。世界で一番、寝る子だと思っていたのに……。歯が生え始めた瞬間に寝不足になる。同情するわ」と成長する我が子の微笑ましいエピーソードを披露した。

2019年、夫妻のアフリカ訪問に同行した初公務での長男アーチー。2歳になった今は、いいお兄ちゃんに成長⁉︎ ©️ REUTERS/Aflo

【関連記事】ヘンリー王子&メーガン妃、パパラッチも恐れる鉄壁ガードで子供たちのプライベートを死守

英国国内でイメージアップは叶わない⁉︎

一方、英国王室の存在を危うくするようなインタビューをまたしても受けたことについて、王室関係者はどう思っているのだろう?それについては、英国の王室専門家たちの意見もさまざまなよう。イギリスのウェブメディア、『Express.co.uk』の取材によると王室コメンテーターのリチャード・フィッツウィリアムズ氏は「番組のティーザー動画を観る限り、エディンバラ公が入院中に放映されたオプラ・ウィンフリーの番組での破滅的なインタビューとは異なり、メーガン妃がハリウッドで過ごした日々の回想がメインになっている。それは王室にとってまったく不都合ではない。しかしながら、メーガン妃を非難する人たちは、彼女の特徴であるイメージアップ戦略と捉えることでしょう」と指摘する。 また、王室についての著書もある作家のアンジェラ・レヴィン氏は「メーガン妃は素晴らしい女性で、とても面白く、チャーミングであるといった演技を続けてきましたが、この番組では、優しくて少し恥ずかしがり家な部分を覗かせた……といったところでしょうか。しかし、そのメーガン妃の策略は成功しませんよ。本当のところ、彼女は自分のPRに熱心で、世界中の人々に注目してもらいたくて必死なのですから」と皮肉たっぷりに分析。相変わらず、英国国内からは、厳しい視線が向けられているようだ。

関連情報
  • This article was published marieclaire.co,uk


    text: Ally Head


    translation: Tomoko Kawakami


     

Recommend

Pick Up

リンクを
コピーしました