×
'©️REUTERS / AFLO'

Feature

©️REUTERS / AFLO

ウィリアム王子&キャサリン妃がソーシャルメディア担当者を公募中!

SNSを通し、新時代の公務の在り方を模索中のウィリアム王子&キャサリン妃夫妻。今回、公式ホームページで、彼ら専任のソーシャルメディアスタッフを募集することに。ウィリアム王子とキャサリン妃とともに働けるチャンスが、あなたにもあるかもしれない⁉︎

ケンブリッジ家のSNSでの活動のすべてを担う役職

英国王室ファンの皆さんに朗報⁉︎ 現在、ウィリアム王子とキャサリン妃が、彼ら専任のソーシャルメディア担当者を探している。王室の公式ホームページによると、募集しているのは「デジタル・コミュニケーション・オフィサー」という役職で、ケンブリッジ家の公式インスタグラム、ツイッター、You Tubeなどを管理し、内容を更新する仕事。ウィリアム王子やキャサリン妃、さらには3人の子供たちに関する最新の情報についてSNSを通じて、一般の人々に発信するのが主な役目だ。

【関連記事】ヘンリー王子&メーガン妃、パパラッチも恐れる鉄壁ガードで子供たちのプライベートを死守!

昨年、キャサリン妃はロンドンにある美術館、ナショナル・ポートレート・ギャラリーとの共同で編集した写真集を発売した。そんな写真に精通したキャサリン妃とともに、ケンブリッジ家の写真やムービーを撮影するのも大切な仕事の一つ。さらには、夫妻が携わっているチャリティー団体がSNSを通して発信するニュースも担当するそうだ。

11月1日、イギリスで開催されたCOP26の開会レセプションに出席するウィリアム王子とキャサリン妃。SNSの担当者になれば、こんな公務にも同行できる?©️REUTERS / AFLO

性別、年齢、人種、性的指向などは不問!

もちろん、この仕事には今後、夫妻が積極的に取り組むことになるであろう海外訪問のサポートも含まれるなど、エキサイティングな部分も多数。なんといってもケンブリッジ家の人々とお近づきになれることこそが大きな特典と言えそうだ。現在、公式ホームページに掲載されている募集要項によると、「才能重視!性別、年齢、人種、民族、出身地、障害の有無、性的指向は不問」とのこと。この求人の詳細からも、ウィリアム王子とキャサリン妃がこの役職に多様性を強く求めていることが伝わってくる。

夫妻が望む、王室のルールに従い、「常に起点を利かせ、慎重に機密情報を取り扱う能力」を持ち合わせている人物であれば、誰にだってチャンスはあるということ。募集期限は、11月14日までとなっている。

【関連記事】キャサリン妃が愛用するグリーンのコートは、ウィリアム王子に不評⁈

関連情報

Recommend

Pick Up

リンクを
コピーしました