×
'©️AP / Aflo'

Feature

©️AP / Aflo

世紀の英国ロイヤルウエディングを体験できるツアー

今年で結婚10周年を迎えた英国王室のウィリアム王子とキャサリン妃。この記念すべき年に、彼らが結婚式を上げたロンドン・ウェストミンスター寺院で今、特別なイベントが開催されている。世界中が注目したあの結婚式でキャサリン妃が歩いたヴァージンロードを歩いてみる?

ミレニアル世代の結婚が続く英国王室

ヘンリー王子、ユージェニー王女、そしてベアトリス王女とミレニアル世代のカップルを中心に、結婚が続いた英国王室。中でも、今年結婚10周年を迎えたウィリアム王子とキャサリン妃のロイヤルウエディングは、新世代を象徴する内容だった。王室の伝統的な決まり事を覆し、自分たちのスタイルを貫いた彼らの結婚式は、王室に新しい風を吹き込む出来事となる。たとえば、付添人であるブライドメイドとベストマンを選出。通常の王室の結婚式では存在しない、この大役は、キャサリン妃の妹、ピッパ・ミドルトンとウィリアム王子の弟、ヘンリー王子が務めた。さらに式の後、すぐにハネムーンに出かけることなく、夫婦となって初めての夜をロンドンで静かに過ごすなど、慣例に縛られることなく、自らが考えて行動した姿が印象的だった。

2011年4月29日にウェストミンスター寺院で行われたウィリアム王子とキャサリン妃の結婚式。荘厳な雰囲気のヴァージンロードをキャサリン妃が父のマイケル氏と歩いた。祭壇前には新郎のウィリアム王子とベストマン(付添人)を務めたヘンリー王子の姿が。©️Press Association / Aflo

ウェストミンスター寺院で現在、ツアーが開催中

そんなウィリアム王子とキャサリン妃の2人の結婚式が執り行われた思い出の場所、ロンドンのウェストミンスター寺院で今年、彼らの結婚式の追体験ができる特別なツアーが企画されている。『Inside the Royal Wedding』と名付けられたツアーの案内役は、2011年4月29日に行われた世紀のロイヤルウエディングの舞台裏を知る寺院のスタッフたち。花嫁のキャサリン妃が歩いた97mのヴァージンロードや二人が永遠の愛を誓った場所、そしてウィリアム王子とヘンリー王子が式の前に待機していたセント エドモント チャペルなども見学できる。この約60分間のツアーは、すでにスタートしていて、8月18日まで開催予定。

2021年3月23日、ウィリアム王子とキャサリン妃夫妻は、新型コロナウイルスのワクチン接種会場となったウェストミンスター寺院を訪問。 ©️Reuters / Aflo

今年の3月には、ウェストミンスター寺院が新型コロナウイルスのワクチン接種会場となり、視察のため寺院を訪れたウィリアム王子とキャサリン妃。結婚10周年を翌月に控えたタイミングで、感慨深い場所での公務となった。7月に入りコロナ規制が緩和され、日常が戻りつつあるロンドンで、このツアーは、ロイヤルファンたちにとっても特別な夏の思い出となりそうだ。

関連情報
  • This article was published on marieclaire.co.uk


     


    text: Jenny Proudfoot


     


    translation: Tomoko Kawakami

Recommend

Pick Up

リンクを
コピーしました